YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

小泉岳【ゆっくり夫婦】銀泉台から赤岳

ようさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2015年6月から登り始めました。
    50代夫婦で登っているのでタイムはかなり遅いです。
    慣れないうちは夏のみ、晴れのみに登る予定です。ビビリなもんで。

    初心者でも登れる山のコースを考えるのが楽しみです。
    温泉に行くのが目的ではありません。あしからずw
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大雪山系・旭岳・トムラウシ

2016/03/18(金) 06:34

 更新

小泉岳【ゆっくり夫婦】銀泉台から赤岳

公開

活動情報

活動時期

2015/09/27(日) 05:52

2015/09/27(日) 11:51

アクセス:202人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 864m / 累積標高下り 879m
活動時間5:59
活動距離10.10km
高低差675m

写真

動画

道具リスト

文章

紅葉の時期も終わりつつあり、銀泉台のマイカー規制も終わったので、赤岳に登ってみました。

午後から天気は崩れるとの予報で、3時起きで、5時50分ごろに登り始めました。
気温は7度程度、風も無く登りやすい感じでした。
(追記:途中木道を固定する鉄の杭が数センチ出っ張っているので、踏み抜かないよう注意が必要です。)
まあまあの勾配と平坦に近い登りを3,4回繰り返して赤岳頂上へ。
標識の位置と三角点の位置が違います。一瞬迷ったのかと勘違いしました。
三角点のほうへは黄色×ペンキがあったので行けません。
頂上で日本で一番早い昼食を8時過ぎに食べ、少し着込んでから小泉岳へ行ってみました。
縦走路は殆ど平坦でしたが、風の通り道で風が強く体感温度は0度くらい。
余りにも寒いので、標識まで行ってすぐ折り返してきました。

登り始めたのが早かったのと、天気もいまひとつなので日曜日なのにすれ違った登山者は10名ほど。
まるで山を独り占めしているような感覚は心地よかったです。
下山途中で雨が降り出したので、雨具とスパッツ、ザックカバーを装着、登山口の辺りでは結構土砂降りでした。


YAMAPのほかの方の日記に「第一花園あたりまでは観光客が押し寄せます。」とありましたが、観光客は20名ほどすれ違いました。降りてみると確かに駐車場にはバス3台、雨のせいでバスから降りない方もいたようでした。

下山後は北見市留辺蘂町の夢風泉(国道からの看板には滝の湯センターとあります)で入浴。
ここの温泉はよく入りに行くのですが、とにかく大好き。
お湯は近くの塩別つるつる温泉と同じで、つるつる。(というよりぬるぬる)
足湯は無料、入浴料は360円(10/1から400円)ドライヤーも無料。何故かこの日は芋も売っていて、買っちゃいました。
ただ非常に残念なのは食堂が休業していること。ラーメンが確か400円くらいだったはず。
ぜひ復活して欲しいです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン