YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

4度目の正直、六甲全縦(深夜スタート17時間)

wakatakeyaさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:小さい頃から旅が好きでした。小3のとき自転車で隣町まで20kmを走ったのを皮切りに、中2では自転車による九州横断、高2からはバイクであちこち、高校を卒業し上京してからは全国をバイクでツーリングしました。20代になって欧州をバックパッカーとして1ヶ月半フラフラしたり。30代は九州に戻り、阿蘇や四国お遍路ツーリング等を楽しんでいました。

    山はソロが多いですが、長~く歩けると嬉しいなぁ。
    http://goo.gl/4SPJbS

  • 活動エリア:福岡, 大分, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2015/09/27(日) 17:00

 更新

4度目の正直、六甲全縦(深夜スタート17時間)

公開

活動情報

活動時期

2015/05/22(金) 23:36

2015/05/23(土) 17:20

アクセス:129人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,289m / 累積標高下り 7,272m
活動時間17:44
活動距離49.12km
高低差921m
カロリー8835kcal

写真

動画

道具リスト

文章

4度目の挑戦となった六甲全縦。

2014年02月16日:1度目は、大雪で計画変更。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-408166.html
2014年10月11日:2度目は、摩耶山で膝痛リタイア。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-526706.html
2015年03月07日:3度目は、やはり摩耶山でタイムアップ。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-598229.html

以上をふまえ、深夜スタートすれば明るい時間に下山できるだろうと計画した。
ちなみに標準コースタイム(CT)を全縦すべて合計すると、900分つまり15時間となる。
通常、僕は計画時に休憩込みでCTの1.2倍を設定する。
よって今回は18時間をかけて縦走するという目論みになるわけだ。

毎年11月に催される神戸市主催の「KOBE六甲全山縦走大会」では、チェックポイント(CP)が設けられている。
参加者は下記の時間内にCPを通過しなければならない。
・須磨浦公園スタート 5時~7時
・菊水山 8時30分~12時20分
・掬星台 12時~15時50分
・一軒茶屋 13時50分~18時20分
・宝塚ゴール 16時30分~22時40分

さて、今回の山行を仮に5時スタートとした場合は、僕はCPを通過できたのか?
・須磨浦公園 5時
・菊水山   10時37分
・掬星台   14時24分
・一軒茶屋  18時40分
・宝塚ゴール 22時04分

う~ん、一軒茶屋でひっかかってるな。掬星台で1時間半も休憩したからなぁ。
よし、次回は5時スタートで再チャレンジだ。

合計時間: 17時間10分
合計距離: 46.76km
累積標高(上り): 2595m


福岡市内への配達を終え、ギリギリで新幹線へ乗り込んだ。本当は屋久島遠征を計画していたが、天気も悪いし急遽、六甲全縦へ4度目のチャレンジとした。

前回は須磨浦公園を6時20分にスタートし、10時間以上かかって掬聖台に16時すぎに着いたため、帰路便に間に合わずタイムアップの撤退となった。よって今回は深夜スタート、0泊2日での挑戦だ。

10時間を超える山行だし、AT値以下の歩行を心がけつつ、休憩少なめのボッカ歩きで行こうと考えた。赤鬼さんもいないし(神戸市主催の全縦大会ではタイムキーパーの赤鬼に抜かれると強制リタイアらしい)、時間はあるし、のんびり行きましょうということだ。

ところが、予想外の出来事が起きた。

赤鬼には襲われなかったが、強烈な睡魔に襲われた。夜も明け順調に歩いていたが、
摩耶山に向かう天狗道に入ったあたりから、とにかく眠い。フラフラと居眠りしながら歩く。そのうちなんか変なものが見え始めた。

折れた立木が人に見えたり、木の根がウサギに見えたり。岩についている苔が文字に見えて、(ハテ?これは一体何が書いてあるんだろう?)と顔を近づけて読もうとしたり(笑)。おっと、何をやっているんだ僕は!と正気に戻るのだけど、スグまた別の岩が人の顔に見えてくる…。

こんな事は初めてだ。そういや以前、NHKで観た「トランスジャパンアルプスレース」で、こんな状態になってる走者を見たことがある。こりゃ譫妄(せんもう:要は寝ぼけてるってことデスね)状態になりかけてるんだな…と思った。でもあと少しで掬星台だ、そこまで行ったら仮眠しよう、と強引に歩を進めた。

いま考えてみたら、前日から24時間以上寝ていない上に登山しているのだから、けっこう無茶している。シャリバテ防止に150Kcal/時はエネルギー補給をしているので足は動くのだが…当たり前だけど、睡眠って大事なんだよね~。

その後、掬星台で仮眠を含め1時間半の休憩を取って持ち直したが、後半14時過ぎから再び朦朧とし始めた。そのせいで大平山から大谷乗越の間でルートロストして、20分で行けるところを40分もかかっている。

とにもかくにも、何とか念願の完走!。とはいえ、ちょっと今回は反省多し。う~ん、深夜スタートは良いアイディアだと思ったんだけど、睡眠不足で行っちゃダメだった。次回は前泊早朝スタートでチャレンジします。

それでも一応言っておこう。
やっぱり山はいいな。
頭がからっぽになって、
心がいっぱいになる。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン