YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

栗駒山 表掛~裏掛コース周回

riaZooさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:身の程を知らず活動日記の少ないコースに魅力を感じています。

  • 活動エリア:宮城, 山形
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:京都
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山

2015/10/03(土) 14:57

 更新

栗駒山 表掛~裏掛コース周回

公開

活動情報

活動時期

2015/10/03(土) 06:25

2015/10/03(土) 14:54

アクセス:365人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,677m / 累積標高下り 2,677m
活動時間8:29
活動距離14.74km
高低差831m
カロリー4575kcal

写真

動画

道具リスト

文章

紅葉見物の目的もありましたが、8月にバテバテで途中退場したコースに再挑戦しました。
相変わらず表掛の沢コースはriaZooの体力ではキツかったです。
特に集中力が切れてくる、滝の手前数百メートルが一番しんどかったです。
前回行く手を阻んだ雪渓はなくなっていましたが、御室の分岐点、虚空蔵山前辺りのルートは雪渓が無くても分かり辛いです。

山頂は暴風雨で紅葉どころではありませんでした。
寒かったのと人が多かったので、さっさと退場し東栗駒方面から裏掛へ。

裏掛コースは人が少なく、スライドした方は1名のみ。
登山道も結構整備されていて、迷うこともありませんでした。
途中、カバに似た妖精が出てきそうな谷もあり、天気も回復してきたのでその景色を独り占めして、大きな岩の上でザックを枕に30分ほど昼寝。(笑)
このコースも好きになりそうですが、雪渓が有ったら辛いだろうな・・・
裏掛コースの登山道入り口が分かり辛く、いわかがみ平に向かって走って、スノーシェッドを越えたところから入るということがようやく判りました。
裏掛コースで山頂までピストンも面白いかも。

山頂の天候は残念でしたが、心の中のつかえがとれたような気がします。

・渡渉に失敗してドボンした回数 2回(前回比-1)
・ズルっと滑ってこけた回数 2回(前回比+1)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン