YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲大社の草取り & その横、弥山を散策

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2015/10/04(日) 09:13

 更新

出雲大社の草取り & その横、弥山を散策

公開

活動情報

活動時期

2015/10/03(土) 09:16

2015/10/03(土) 15:04

アクセス:335人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,880m / 累積標高下り 1,862m
活動時間5:48
活動距離9.37km
高低差523m

写真

動画

道具リスト

文章

子供のカブスカウトに付き添い、出雲大社本殿の草取り奉仕作業。
出雲地区のカブスカウトの3団体が参加しており、総勢50人ぐらい。
本殿に入るには、服装制限があり、ジーパンなどの作業ズボンはNG、シャツも襟付きでないと,サンダル等もNG。ゴルフの服装と似ている。国宝の本殿への扉は、正月にしか開きませんが、その時も正面へすこし進むだけですので、本殿奥まで入るのは普通ではあり得ない。
全員お祓いを受け、中に入った。本殿横へ向かって、幅約1mの砂道を進む。道以外は、握りこぶし大の石が一面に敷き詰められている。人員は、本殿周辺へ適当にちらばって、草取り開始。小石を一回どけないと草の根っこに手が届かない。草を取った後は、石を戻すの連続作業だ。あっ一円玉を発見!。この場所自体が、神の領域なので、塀の外から賽銭を投げ入れる人がおられるのだ、コインが数枚すぐに見つかった。子供が「やたー!千円札が落ちとった」と声を出す。他の子供「山分けだ~」カブスカウトの教官「だめだよ、賽銭箱にいれないと」。作業は30~40分で終了。草を袋に入れ、本殿を出た。子供たちは、近くの浜山公園まで歩いて行き、昼食後、子供たちでゲームをやるそうだが、私はここで離れさせていただいた。今度、15時過ぎに迎えに行けば良い。
yamap8月22日のリベンジで、薬師谷から唐川へ続く道へ再挑戦。前回は、マニアックな道に拒まれ、意図しなかった弥山頂上から西側(鼻突峠)経由で唐川へ下りたのだが、今日はノーマル道を行きます。
腹ごしらえをし、すぐ横の弥山へ登る事にした。頂上の小屋には、スズメバチの巣があると、登山口に看板があるので、行かない事にしよう。登り口に設置された注意看板に”いいね”をあげたい。
登山道入り口、鹿避けフェンスをくぐり、前進。赤テープで道が示してあるので、進みやすい。所々に、木製の標識が設置されており、ありがたい。本線から一旦逸れたとしても、また、元の道へ戻る事に心がけた。坊床は、かなり広い敷地が整地されており、周りは石垣で補強されていた。周囲にも人口と思われる構造物跡があり、大きな施設群だった事をうかがわせる。
道は、小枝や落ち葉で埋まってはいるが、元は道幅が広く、急な登りはジグザグな道になっている代わりに、傾斜が緩やかに一定になるよう工夫されていると感じた。
北山縦走路へ到着した。山頂へは行かず、唐川(山の向こう側)へと続く道筋を進みます。前回、谷の奥から、道に迷ってしまった反省を踏まえ、本日は慎重に歩くぞ、と自分に言い聞かせる。
縦走路から、唐川へ降りる道は、人があまり通らないせいか、木の枝などが、かなり積もっている。
山を下ると、林道へ出た。自分なりには満足であった。
しかし、ここで、タイムリミットに気づき、まったりとした散歩から、ダッシュで戻る羽目になった。行きがけに拾ったガラスの破片,割れビンを入れたゴミ袋がお腹にぶら下でてあった為、転んだら危ないと思い、リュックに収納。
今年のyamapで、行きは一番まったりとした散歩、帰りは一番急いだ道でした。縦走路からの急登はロープを使わずに四つん這って登り、頂上手前で反転して今度は下り、横歩き又は前歩き&ストックで走りました。ざっと、上り25分下り10分、最高の頑張りでした。
息が切れそうなほど頑張って、浜山公園に到着したのに、子供は一向に出てきません、しばらくして、余裕の表情で出てこられました。その後、富士通のグランドへと送り、スポ少サッカーへ合流。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン