YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

金峰山 秋晴れ絶景の日帰り

junさん

  • マイスター  ゴールド
  • 自己紹介:今年から方針変更しました。息子を背負って富士山頂を目指してみることにします。
  • ユーザーID:38107
    性別:男性
    生まれ年:1967
    活動エリア:千葉
    出身地:東京
    経験年数:10年未満
    レベル:中級者
  • その他 その他

瑞牆山・金峰山

2015/10/06(火) 07:49

 更新
長野, 山梨

金峰山 秋晴れ絶景の日帰り

活動情報

活動時期

2015/10/03(土) 10:55

2015/10/03(土) 15:48

ブックマークに追加

アクセス

195人

文章

天気予報は良好。これは登っておかないと後悔しそうなので、テントを担いで山梨に向かいます。
予定ルートは 大弛峠→北奥千丈岳→国師ヶ岳→甲武信ヶ岳(泊)→西沢渓谷 だったのですが、メンバー の 一人が急病で不参加。日帰りに変更することも考慮して、大弛峠→金峰山→瑞牆山荘ルートも候補にしておきます。
塩山から大弛峠までのバスは09:30しか予約がとれず、8月に行ったときより一時間遅い出発です。大弛峠の歩き出しが11:00、この時間だと甲武信小屋着が17:00となってしまいますので、金峰山に行き先を変更します。
前回は稜線上は雲のなかで展望が効かなかったのですが、今日は快晴、登り出してすぐに富士山やら南アルプスやらが拝めます。
朝日岳の先で金峰山頂が望め、森林限界を越えるとさらに絶景が広がります。
山頂手前に大きな岩を渡っていく場所がありますが、ルートを間違えると降りられなくなって引き返す羽目になります。素直に本道を行きましょう。
山頂到着で所要時間が一時間半程度、食事の時間は確保できたのでゆっくり昼食にします。
昼食後にすこし五丈石で遊んで、瑞牆山荘方向へ下山開始です。
大弛峠からピストンの方が圧倒的に多いのか、ここから先は人がまばらになります。
しばらくは両側が大きく切れ落ちた岩稜帯を歩くのですが、幅はあるので危ないことはありません。
瑞牆山荘までの下り高低差は1100m、けっこうこたえる下りです。すれ違いで登ってこられた方々お疲れ様でした。
大日岩を過ぎて15:00頃に富士見平小屋。まだ最終のバスには余裕で間に合うので、テント設営か帰宅かの選択です。今日は手持ちのアルコールが少なかったので撤収。瑞牆山は次回にとっておくことにします。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間53分
  • 活動距離活動距離10.22km
  • 高低差高低差1,072m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り546m / 1,379m
  • スタート10:55
  • 1分
  • 大弛峠10:56 - 10:59 (3分)
  • 23分
  • 朝日峠11:22 - 11:24 (2分)
  • 22分
  • 朝日岳11:46 - 11:48 (2分)
  • 43分
  • 金峰山12:31 - 12:39 (8分)
  • 2時間25分
  • 富士見平小屋15:04 - 15:26 (22分)
  • 21分
  • 瑞牆山荘15:47 - 15:48 (1分)
  • -
  • ゴール15:48
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン