YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

脊振へ御礼参り。車谷コース

蛸也さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:衣食住を担いで山に身を投じる事に重きを置き、テン場で過ごすチルタイムに最大の幸せを感じて春夏秋冬出かけております。

    グダグダとくだらない事をつぶやいていますが、いたって真剣なさんぴん世代です。

    余談が多くてすみません( ´_ゝ`)
  • 活動エリア:福岡, 佐賀, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

脊振山

2015/10/04(日) 11:38

 更新

脊振へ御礼参り。車谷コース

公開

活動情報

活動時期

2015/10/04(日) 06:43

2015/10/04(日) 10:13

アクセス:381人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,490m / 累積標高下り 3,441m
活動時間3:30
活動距離8.31km
高低差840m
カロリー1260kcal

写真

動画

道具リスト

文章

SWにお世話になったメロンパン様へゴールのご報告に行ってきました。

朝駆けするつもりだったが、起きれず(笑)。
仕事次の日の早起きとか無理やん。

早起きキライ。



さておき脊振へのルートで一番好きで一番通っている車谷コースです。

ネガな部分から先にご説明しますね。

まず直登ルートなので傾斜はキツめです。

それから何と言っても「リボンもテープも無い」です。あ、失礼。今日赤のリボンを一本だけ見ました。「ほぼ無い!」です。

踏みあとは割りとしっかりしてますので、夜間に行かない限り迷わないと思います。
ただ、沢沿いのコース特有の渡渉があります。10本以上渡りますので、渡るルートを探したり選んだりしてたら道をロストするかもしれません。初めての方はご注意を。
プチメンノツラだと思ってもらえたら楽しめるのではないでしょうか?。

テープリボン無しのクセにdocomoの電波は登山口から山頂までバリバリの圏外です。

以上の理由で山頂まで二時間くらいみておいた方が良いと思います。

夏は涼しく冬は雪深く楽しいルートなのでおすすめです。


あ、そうそう10月20日まで今回使った椎原峠登山口への途中にある橋が車両通行止めなのでご注意です。

お、俺??

…。

も…もちろん下に車停めて登山口まで歩いたさ!。



…おや?。こんな時間に誰か来たようだ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン