YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

自転車ヒルクライム&ハイク 乗鞍

みとなさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:超運動音痴&方向音痴。
    病弱で呼吸器系に難あり。
    おまけに高所恐怖症…。

    山登りに向いてません!(;´д`)
  • ユーザーID:18737
    性別:男性
    生まれ年:1982
    活動エリア:岐阜
    出身地:
    経験年数:5年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

乗鞍岳

2015/10/04(日) 16:17

 更新
長野, 岐阜

自転車ヒルクライム&ハイク 乗鞍

活動情報

活動時期

2015/10/04(日) 07:31

2015/10/04(日) 14:10

ブックマークに追加

アクセス

555人

文章

太腿の肉離れをケアしながら行っていたバイクトレーニングの集大成として、乗鞍スカイラインのヒルクライムに挑戦してきました。

今年は紅葉が早く、降雪も早まると見ていますので、そろそろ頃合いかと思っていたのですが、既にちょっと寒すぎました。
相も変わらずTシャツに短パンで登り始めると、ゲートのおじさんが「上は風が強くて寒いよ、もうちょっと着るものないの?」と心配顔。
「カッパがあるから大丈夫です!」……全然大丈夫じゃなかったです。

徐々に標高を上げていくと紅葉が始まります。
もうこんな低いところに降りてきたのか…と思っていると寒い。
ハーフジップの長袖を着ます。
ハイマツ帯に入ると強風が…寒すぎる!
ゴソゴソとカッパ上下を着ます。
でも周りのサイクリストは始めから着ているウィンドブレーカーやジャージのまま上がっていきます。
気温や汗の状態でレイヤリングするという考えはないらしい。

ちょこちょこ休みながら上がっていきます。
ヒルクライム中の心拍は登山に比べ高いため、私の心肺機能ではペースを維持できませんでした。
目標としていた3時間で畳平に到着、トイレを済ませ剣ヶ峰を目指します。

稜線は強風でなく烈風で、私は何度か煽られて転びそうに。
そして登山者の多いこと…普段着の人から完全装備の人まで。
でもダブルストックを使いこなせてない人が多かったです>_<

フードを被り鼻水をすすりながら、やっと剣ヶ峰へ。
山頂の鳥居にはなんとエビの尻尾が!
iPhoneが低体温症になってどうやっても電源が入りません。
頂上直下の小屋にあるストーブで温めてやっと復活しました。
(ですのでその間の写真もログもありません…。)

肩の小屋まで降りて、うどんを頂きましたら、またそそくさと下山します。
自転車まで戻ると、強風の為倒れている…前後ライトとドリンクボトルが破損(/ _ ; )

下りは楽ちんですが、寒い!
それと我がビアンコ君(貰い物自転車)のタイヤはヒビが入ったヴィンテージ物の上、転がり抵抗を少なくする為空気圧を上げたのでブレーキが効かない!
昔流行った歌のようにブレーキ握りながら、ゆっくり下りました。
紅葉と、午後になってようやく現れた笠ヶ岳から穂高連峰を眺めながら下るのは最高でした。
シャー!って下るのも気持ちいいだろうけど、やっぱり私は山を見ながら下りたい。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間39分
  • 活動距離活動距離45.41km
  • 高低差高低差1,781m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,269m / 2,272m
  • スタート07:31
  • 47分
  • 平湯峠08:18 - 08:19 (1分)
  • 54分
  • 猫の小屋09:13 - 09:14 (1分)
  • 2時間51分
  • 頂上小屋12:05 - 12:11 (6分)
  • 20分
  • 肩ノ小屋12:31 - 12:50 (19分)
  • 41分
  • 猫の小屋13:31 - 13:32 (1分)
  • 20分
  • 平湯峠13:52 - 13:53 (1分)
  • 17分
  • ゴール14:10
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン