YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出会ったのは登山歴12年の大先輩(犬)だった☆

くすみんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:足腰強化のトレーニングを兼ねて、2015年春から登山を開始♪

    有名無名に関わらず、登ってみたいな‼️とピンと来た山に登ることにしています〜(^_^)

    無理せず、ゆっくり、マイペースで楽しんでいます☆☆
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

アポイ岳

2015/10/05(月) 21:04

 更新

出会ったのは登山歴12年の大先輩(犬)だった☆

公開

活動情報

活動時期

2015/10/04(日) 08:09

2015/10/04(日) 14:28

アクセス:1730人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 809m / 累積標高下り 802m
活動時間6:19
活動距離9.45km
高低差734m

写真

動画

道具リスト

文章

日曜日は日の出前に出発し、晴れの予報が出ていた日高の南西端アポイ岳に行くことに決定。

浦河から様似の道は実にカラッとしていて実意気持ちのよい海岸線でした。
様似からアポイジオパークまでは看板があるので迷うことなく行けます。

公園内から登山口までもトイレ含めかなり整備が行き届いていてキレイでした。
今まで行った山で一番ではと感じた。入山届から号目標識、休憩ポイントのベンチや熊避けの鐘など所々に設置されていて、初めての登山者でも安心して歩けそうです。

1号目~3号目は樹林帯と沢をいくつも抜けていきます。川は小さく細いもののニホンザリガニの生息地になっているようで、持ち帰り禁止の看板があった。
4号目の休憩所までが1時間くらい掛かり、ベンチに座り小休憩を取る。
5号目には避難小屋のような小さな山小屋があり、その裏手からの南側の太平洋が実に素晴らしかった~海が青から緑のバスクリン色が層になっていて美しい~

山頂まではロングコースのため、5号目に簡易携帯トイレ場(テント)が設置されていて簡易トイレを持参すればよかったと反省・・・

6~7号目へは岩場の急登が続き、青緑の不思議な巨石が足元に輝いていたり、岩の色合いや土の色も道央方面と違いジオパークの意味を考えたりしながらゆっくり〜登っていきました。それにしてもかなりの場岩を大股で超えて行くためひざに堪えました。

海を眺めながら歩けるのがこの山の魅力だな~と何度も振り返りながら・・・
青い海に癒され、励まされて登ることが出来るなんてなんて贅沢な
登山なのでしょう~

7~9号目はさらに岩場がキツクなり、山頂に向けて山道も細く両側が切れているので、強風が吹くと足元がぐらつきちょっと怖かったです。
この場所から見る頂上への稜線は私の好きな道でした(^_^)

山頂は広くはないので、それぞれにあちこちスペースを見つけての休憩です。お湯を沸かし、カップ麺で寒さをしのぎます。やはり山頂は風が冷たいですね。

この山頂からは、3つくらいの山を縦走できるようでしたが、一番近い吉田岳でも1:50くらいかかるようでしたので、この日はあきらめて、帰りは、裏側のお花畑からの迂回路をなだらかに下る道を選び下山を開始した。

山頂で見かけた黒のラブラドールレトリバーを連れた方と5号目付近で再開し、その後下山途中で休憩時にお話しをし、生後6か月から一緒に登山していることを知り驚きました。
なんとラブラドール君は登山歴12年の超ベテラン君だったのです‼️(^^)
どおりで~歩き方が落ち着いていて、上手なわけです。
見るからに利口そうな子で、ご主人の言うことはなんでも理解しているとか・・・
リードはついていなくても後ろにぴったりとついて歩く姿はお見事でした☆☆

下山後は、新しいアポイ山荘でお風呂に入り温まり帰途に着いた。

海を眺められるため、やはり晴れた日がおすすめですね。

登り 2:50
下り 2:30
山頂休憩 45分


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン