YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

紅葉の石鎚山 南尖峰で待ち伏せ!

モリヤンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:仕事が忙しいので コメント暫くお休みさせて下さい。
    ごめんなさ〰い🙏
  • 活動エリア:愛媛
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:愛媛
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2015/10/05(月) 01:05

 更新
愛媛, 高知

紅葉の石鎚山 南尖峰で待ち伏せ!

活動情報

活動時期

2015/10/04(日) 07:16

2015/10/04(日) 15:19

アクセス:1087人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間3分
  • 活動距離活動距離11.67km
  • 高低差高低差1,512m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,645m / 2,468m
  • スタート07:16
  • 37分
  • 八丁坂07:53 - 07:55 (2分)
  • 57分
  • 剣山08:52 - 08:56 (4分)
  • 7分
  • 夜明峠09:03 - 09:04 (1分)
  • 24分
  • 二ノ鎖元小屋09:28 - 09:37 (9分)
  • 21分
  • 山頂白石小屋09:58 - 10:02 (4分)
  • -
  • 弥山10:02 - 10:14 (12分)
  • -
  • 石鎚山10:14 - 10:23 (9分)
  • 2分
  • 南尖峰10:25 - 10:50 (25分)
  • 34分
  • 南尖峰11:24 - 11:32 (8分)
  • -
  • 石鎚山11:32 - 12:02 (30分)
  • -
  • 天狗岳11:32 - 11:33 (1分)
  • 26分
  • 天狗岳11:59 - 12:02 (3分)
  • 3分
  • 弥山12:05 - 12:18 (13分)
  • -
  • 山頂白石小屋12:18 - 12:29 (11分)
  • 12分
  • 二ノ鎖元小屋12:41 - 13:10 (29分)
  • 13分
  • 夜明峠13:23 - 13:31 (8分)
  • 5分
  • 剣山13:36 - 13:38 (2分)
  • 52分
  • 八丁坂14:30 - 14:33 (3分)
  • 46分
  • ゴール15:19
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

どーも!
本日の山行は紅葉真っ盛り!本日から紅葉祭り開催の石鎚山!まだ登った事のない高瀑ルートから登ってみましょう。マゾマゾしちゃうぞ!このルート高瀑の滝から上は踏み跡もほとんど残っていないであろう急登と超藪漕ぎ笹漕ぎ!気合入れて行きますよ~ん。
高瀑の滝登山口までの石鎚林道は超悪路!通称車壊しの道! ガタガタのボコボコ。おまけに左右から草木が茂り、車はキズまみれ がんばれ~ジムニー!(車高の高い車でないと行けません。普通車ならバンパーやマフラー取れちゃいます。)10キロほど林道を入った所で突然・・・コンクリートの橋が土石流で崩落してこれ以上進めません!ここから歩いても8キロくらい、無理です。テンションガタ落ち、引き返します。
下山時の道しるべ用のピンクのテープと、応急用のトラロープまで用意していたのに!残念です。
西之川ルートを行く気力も無いため、朝一番のロープウエイで成就まで、8分で800m上昇!ちょっと酔いそうです。
本日、ヤマップメンバー大御所の方々が、東稜ルートでアタックしてくる情報があったため、南尖峰へ先回り!と言う魂胆。しか~し、いつものヘッポコ全開!飛ばし過ぎてヘロヘロ!あげく大休止。またまた飛ばし過ぎてヘロヘロまたまた大休止!結局 後続者と同じコースタイムです。
とりあえず、一・二・三の鎖だけはやっつけて、登頂!急いで天狗!写真パシャパシャ!南尖峰へ!
最近メジャーになった東稜ルートたくさんの人が登って来ます。
すると目の前に、のせっちさんとくりきんさんが・・・のせっちさんにお会いするのは、今回はじめて!思わず握手!背が高いです。くりきんさんは三度目。続いて しばてんさんとソーヤさんも登頂!お二方は二度目!感激です。しばらく狭い南尖峰の岩の上で山談義。こんな変態野郎二人を快く受け入れてくれる皆さんに感謝です。
ここからヘッポコ二人組は、大砲岩 墓場尾根方向へ この道も結構踏まれているので、難なく行けます。
ただし大砲岩手前の岩壁の巻き道は、かなり危険です。下が濡れている場合は行かない方がいいと思います。
墓場尾根の岩の上に登り記念撮影!ここからの景色は、格別です。
さあ 弥山に戻ります。天狗の上から弥山を見ると、人・人・人 かなりの人数です。
弥山手前で食事をしていた、ソーヤさんたちと再び合流、ここで くりきんクッキング拝見 見るからにおいしそうなのだが、唯一欠点が・・・みんなが食べ終わってもまだ調理中!かなりウケる~
調理時間は長いのだが、食べるのは早い!さすがです。
弥山に帰り人をかき分けながら、下山です。二の鎖下まではご一緒させてもらうことに、みんなでワイワイ言いながら楽しく下って行きます。先週の瓶が森の山行がウソのようです。
お別れしてからは、いつもの調子のバカ話!しゃべりすぎて疲れちゃいます。前後を下山している人に良く言われます。楽しそうですね!・・・  すいませんうるさいですか?内容は聞かないでね!ほとんど下ネタなので・・・

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン