YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

島根県平田、矢代岳を探検。

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2015/10/04(日) 18:28

 更新

島根県平田、矢代岳を探検。

公開

活動情報

活動時期

2015/10/04(日) 13:22

2015/10/04(日) 15:47

アクセス:377人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 953m / 累積標高下り 945m
活動時間2:25
活動距離4.46km
高低差302m

写真

動画

道具リスト

文章

午後4時に、娘を平田へ迎えに行かねばならない。
それに合わせて、付近の山で何か無いかなあ?と探していると、私の好きな小伊津海岸の横にそびえ立つ知られざる山を発見!。
まさに私向きの山だ。Webで検索すると、まめ登山部の「標識設置予定の山」しか見当たらず、現地で登山道を探す事にした。
山へは、昔の集落から登山道があるだろうと予想し、三津の西谷集落へ当たりをつける事にした。
山を越えるトンネルを抜けて少し下った辺りに、広いスペースがあったので、車を駐車し、付近で草を燃やしておられたおじさんに、車を停めて良いか?登山道があるのか聞いた。
この集落からは、何とか医院の先生が年に一回ぐらい登っておられるようだが、道は無いと思った方が良いと聞かされた。その人が子供の頃、登った記憶を頼りに簡単な地図を描いて頂いた。「ありがとうございます」
「よし、行くぞ」山道を進む、舗装道路を歩いていると、横の谷川を渡る橋が見えたので、ここへ行ってみよう。と、途中で登山道らしき横道へ入って行った。本当は、さらに道を突きあたりまで進むべきだったかは不明です。
竹藪の急登を猿のように登った。昔道だったような痕跡は所々にあったが、枯れた竹で埋め尽くされており、困難を極めた。やっとの事で尾根に到着。尾根へ着くと、まるで整地されたかのような綺麗な平坦地に落ち葉が敷き詰められておりました。「おお!俺を歓迎してくれてるな。」なんて勝手な思い込みを。
50mぐらい歩くと、山頂の杭を発見。地図では分からないが、周囲が、なだらかで、どこを頂上にしても良いくらいだ。そこから、海岸へ向けて、若干傾斜しておりましたが、広い平坦地で、キャンプもできそうです。ここへの登山者がほとんどいない、道が分からないのが不思議なくらいです。
帰り道は、来た竹やぶを歩きたくないので、反対方向の海岸へ向かって、尾根を何となく歩きだしていた。
歩けど歩けど、気持ちの良い道?が続いており、結局、尾根の突きあたりまで歩く事になった。
下の集落は、背後が絶壁の山なので、うまく下山しないと、民家の崖の上へ到着したら大変だ。また、石を落としてはいけない事に気を付けた。道に足跡はあるが、どう見ても鹿の足跡だらけ。現に、尾根道だけで、鹿4~5頭に遭遇している。人間の道が見つかった時は、ホッとした。
もっとちゃんとした登山道があると思いますが、ぶっつけ本番の登山でしたので、仕方ありません。
大変良い山だと思った。それに、終わってみてから、不思議な充実感が湧いた。
帰りには、平田市内の温泉「ゆーゆ」に入った後、ちゃんと娘迎えに間に合いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン