YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

10/2~10/4 あこがれの奥穂高岳へ②

クサタロウさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:サーフィンが色々あってトラウマになり、海がダメなら山か。という安直さで登ったらハマりました!山小屋の快適さも感じつつも混雑に閉口し、テント泊に今はハマってます。千葉在住。近場から北アルプスまで行きたいと思えば、だいたいソロで行きます。冬はスノーボードでバックカントリーに夢中です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/10/06(火) 10:18

 更新

10/2~10/4 あこがれの奥穂高岳へ②

公開

活動情報

活動時期

2015/10/03(土) 06:19

2015/10/03(土) 13:23

アクセス:143人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,174m / 累積標高下り 1,127m
活動時間7:04
活動距離5.62km
高低差889m

写真

動画

道具リスト

文章

翌土曜日。
5時起床し6時過ぎに出発。
普通に歩いていたら連れが遅れ始める。
昨日の登りで古傷が再発したようだ。
応援しながら登る。ザイテングラードをクリアし、
何とか穂高岳山荘到着。それでも3時間弱のコースタイムを
約2時間で到着。それでも無理させてしまい反省。
一休み後に奥穂高岳へ。ハシゴに取り付くが、
ここから強風が吹き付け、山頂までやむことなく吹き荒れる。
稜線や特に痩せ尾根通過時は注意しました。
ここも30分で到着。やっぱりちょっと早すぎて連れに謝罪。
ここからは涸沢岳~北穂高岳と周り涸沢に戻りたかったが、
連れの具合が思いのほか悪いので、涸沢岳にのみ登りテント場に戻る。
奥穂高岳山頂は強風で寒かったが、前日までの嵐でそれはもう空気が澄み、
最高の展望でした。心残りは紅葉が終わり始めていてくすんでいたことと、
北穂高岳に登れなかったこと。来年への課題(楽しみ)として残しておきます。
風は強かったですが、その他は満足した山行でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン