YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

妙高山(2日目)

空上人さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:やっと自由の身になったので、やりたいことを色々とやってます。
    その中のひとつが山登り。若かった時にちーとばかりやってたのですが、四半世紀振りに再出発。
    道具をいちから少しずつ揃えてると、なんやかんやで仲間も増えてきて楽しい山旅が始まってます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

妙高山・火打山・藤巻山

2015/10/10(土) 14:55

 更新

妙高山(2日目)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/07(水) 06:05

2015/10/07(水) 14:59

アクセス:155人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 866m / 累積標高下り 1,552m
活動時間8:54
活動距離10.43km
高低差1,126m

写真

動画

道具リスト

文章

朝起きると外は完全にマイナス、ガスって周りも見えず(≧∇≦)。

ヒュッテの朝食はクレープに固まったジャム。3枚も食べると口の中は甘く、胃が受け付けず、腹は減っているが、それ以上は無理でした。・°°・(>_<)・°°・。。

6時には布団整理するので、出てくださいとのこと。まいったまいった。こんなの有り?😠
色々あったが、これ以上言うのはやめよう、火打山と妙高山が可哀想になってくるから。

荷物を最小限にして、後はデポして、妙高山に向かう。

今日はこのまま曇っているのかな?大倉乗越に到着した。妙高山へは外輪山を越えて一度降りまた登らないと駄目である。その外輪山のピークが大倉乗越だ。ここから、急な降りとなる。ロープもあり、岩が崩れて登山道を塞いだ形跡もあるルートを慎重に降った( ̄▽ ̄)。

以前、Hさんはここで、捻挫をして帰りが大変であった思い出の場所だそうで、その時のことを克明に話してくれた。

雲が流れて長助池が見えた。妙高山の山頂も顔を出してきた。晴れてきそうだぞ(^_^)。

黒沢・長助池分岐に到着。一息入れた。ここからは急登が始まった。
北峰と南峰がはっきり見えた。もう雲は無く、快晴となった(^.^)。

山頂前の岩の中に社があった。ポタポタと滴が落ちていて、水が飲めるよう水瓶とコップがあった。

8時25分、妙高山北峰登頂。南峰にも登頂😄。

ほぼ360度のパノラマである。白馬岳をはじめとした後立山連峰、その奥には剱岳、槍ヶ岳かた穂高岳の北アルプス、富士山までも頭を出している。野尻湖も湖面をギラギラさせている。当然、火打山も焼山もである。火打山で見られなかったパノラマが一望でした(^o^)。

皆んなで登頂写真を撮って、少なめの後ろ髪を引かれることもなく、下山開始(^.^)。

大倉乗込手前からは長助池、外輪山の紅葉が青空の中に映えていた。
黒沢池ヒュッテでデポした荷物を詰め込んで、携行食をとり、出発。

黒沢湿原の終わりかけの紅葉に魅了され、写真をバチバチ(⌒▽⌒)。

十二曲り付近の紅葉は昨日より青空の青をバックに赤、黄、緑が鮮やかな色彩を醸しだしていた。

15時ちょい前、笹ヶ峰に到着。
心に残る紅葉の火打山、妙高山の山旅でありました😊。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン