YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

一徳防山へ

ちりんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:愛犬のダイエットと自分の生活習慣病予備軍からの脱却、そして愛犬と沢山の思い出を作りたく一緒にゆるい登山、ハイキング、ウォーキングを始めました。
    近所の低めの山限定です^^;
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

槇尾山(槙尾山)・八ヶ丸山・岩湧山

2015/10/10(土) 17:38

 更新

一徳防山へ

公開

活動情報

活動時期

2015/10/09(金) 12:35

2015/10/09(金) 16:29

アクセス:221人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,024m / 累積標高下り 1,051m
活動時間3:54
活動距離9.07km
高低差389m

写真

動画

道具リスト

文章

このマップでマイナーっぽい(一徳防山・いっとくぼうざん)に登ってみました。

下調べで、山頂直前に急登があるとは知っていたので覚悟の上だったのですが、いや、もう、あれは…(滝汗)
これまで急降りで、半泣きだったことはありましたが、登りで半泣き(したい気持ち)になったのは初めてでした…
関電道(関西電力の作業道)ということで、黒い樹脂製の階段が設置されているのですが、階段は崩落で脇に落ちているのです。
足元はザラザラの砂地で滑る滑る、掴むものはその辺の植物しかないし、足を置くところがない…
でも引き返すことはもっと危険、登るしかないのです(泣)

で、なんとか無事に登り切り山頂へ。
山頂では登山者の綴ったノートがポストに入っていて、読ませてもらうと、みんな「楽しい~♪」って感じのノリでした、みんなあの登りを楽しまれている…凄いなぁ…私にはやっぱり無理だ^^;

帰りはどうしたものか…
来たルートをそのまま引き返す予定だったのだけど、あの関電道を降りるのは危険すぎる!
なので、車とめたところから遠くなってしまうのだけど、別ルートを選択。
そのルートで恐ろしい急降りがないとは限らないんだけど、一か八かで!
その選択は正解で、すごい下り坂はそのルートにはなく、平和に下山できました。

この一徳防山、標高は低いのだけど、やたら距離が長いのと最後のあの関電道の急登りがデンジャラス、そしてアップダウンの繰り返し、この間の槇尾山の2倍はハードに思えました。
ですが竹林、広葉樹林、針葉樹林、暗くなったり明るくなったりめまぐるしく景色が変わるので、退屈しません。
次回はゴルフ練習場から登って、往復しようと思います、これなら危険はありませんので^^

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン