YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高尾~陣馬縦走(栃谷尾根コース)

2410さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:高尾山まで自転車で通える所に住んでいるので、高尾を起点にいろいろな所に行ってみたいです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高尾山・陣馬山・景信山

2015/10/09(金) 22:35

 更新

高尾~陣馬縦走(栃谷尾根コース)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/09(金) 08:42

2015/10/09(金) 16:49

アクセス:192人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,987m / 累積標高下り 1,959m
活動時間8:07
活動距離18.44km
高低差680m

写真

動画

道具リスト

文章

3回目の縦走。
陣馬山へのアプローチは今回初めての栃谷尾根コースを選択。藤野駅から陣馬登山口バス停まで高尾駅から連絡がスムーズにいけました。
初めての栃谷尾根コース。前半は舗装路が長く続きましたが尾根に入る前に振り返った時の景色はなかなか良かったです。陣馬新道や一ノ尾尾根に比べるとちょっとしたベンチみたいな休憩ポイントは少ないような感じはしました。個人的な感想です。
縦走コースは平日だけあって人も少なくのんびりマイペースで歩くことが出来ました。前回までと違い、まき道を使わず今の自分の体力測定をするつもりで歩きました。ただし、無理をしない程度に。
堂所山も初めて登りました。残念ながら草や木々で景観が悪かったです。冬場の方が景観がいいかもしれませんね。
堂所山の時点で12時頃、景信山まで約1時間。昼食の時間を迷いましたが、ゼリー飲料を口にして、景信山で昼食と作戦タイムをとることにする。
景信山まで予定通り到着したので、カップラーメンで昼食をとり、小仏バス停に下るか、高尾まで行くかを検討。コースタイムと自分の体調を考えても16時過ぎには稲荷山コースを下山できると判断して出発。
縦走コース一番の難関である景信山下山直後の崖沿いの下り。うれしい誤算がありました。左手の崖っぷちに草が生えていたため全然怖くなかったんです。たぶん草が枯れ無くなるとまた怖くなるんでしょうけど、自分自身の高所恐怖症の不思議さにビックリです。
城山でアイスかラムネか迷ったうえでラムネを選択。美味しかったんですけど、直後に来た女性2人組が注文された甘酒が心に残りました。次回はメニューを一通り見てから決めることにします。
その後は、一丁平からもみじ台を経由して稲荷山コースで下山しました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン