YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

称名滝ハイキング

山散歩さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:十数年運動をして無く、筋力ダウンとなり
    膝の古傷は階段を拒み始めた。

    そこで適当な運動を始める為、知り合いのチャリに参加し始めたのが4年前、調子に乗って2年前からは近くの山に登り始めて、昔の山行を思い出し再び、山にハマる。

    今は、近くの山5、サイクリング3、筏釣り1その他で筋力維持を理由にアチコチ徘徊中です。

    注意‼️
    新アイテム、YAMAPキーホルダーでパワーUPして、出没中❗️笑。
  • 活動エリア:三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1956
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立山

2015/10/11(日) 00:24

 更新

称名滝ハイキング

公開

活動情報

活動時期

2015/10/10(土) 07:42

2015/10/10(土) 10:04

アクセス:293人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 146m / 累積標高下り 180m
活動時間2:22
活動距離3.18km
高低差134m
カロリー1095kcal

写真

動画

道具リスト

文章

少し早いと思いましたが今日、相棒とユルユルハイキング決行しました。

夜勤明けで寝ずに東海北陸道を走行し、流杉PAで仮眠し7時前にゲートへ着くと15台の先客が待っていたがすぐにゲートが開く、称名滝第2駐車場到着、廻りは登山客で溢れている。
ゲートは7:00〜17:00の間、開き無料です。

ゆっくりと準備して、朝は寒く上着を持って、30分の舗装路を少し早めの紅葉を見ながら行く、周りを高い山に囲まれた場所で、最初は大日岳へ行くルートが左にあり、次は橋を渡り八郎坂をいく壁を登る激坂ルートだ。どちらも急坂!眺めるだけで良しとしよう。(笑)

この先にある橋が称名滝を一望できるベストポジションだ\(^o^)/
瀑布の風とマイナスイオンで濡れる前に展望台へ行き、記念写真を撮りマッタリと過ごす。

登山客から観光客に替わる頃、駐車場へ戻り
寄り道して帰路へ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン