YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

八海山リベンジ(屏風道⇒八つ峰⇒入道岳)

boks さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳

2015/10/10(土) 12:14

 更新

八海山リベンジ(屏風道⇒八つ峰⇒入道岳)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/10(土) 05:28

2015/10/10(土) 12:14

アクセス:179人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,638m / 累積標高下り 2,621m
活動時間6:46
活動距離9.64km
高低差1,330m

写真

動画

道具リスト

文章

3か月前に挑みましたが途中、登山道から外れてしまって
大変な目にあって中途半端(屏風道、大日岳のみ)で終わっていたので今回は
八海山踏破 リベンジマッチです

予定通り登山口2合目を5:30出発、車はすでに7台くらい
紅葉時期の3連休初日とあって普段よりは多いほうではないでしょうか
4合目までは快適な樹林帯を進みます。。。が
鎖が現れてからは鎖交じりの急登がひたすら続きます。
一つ一つの鎖はそんなに長くないのですがこれだけ連続すると
さすがにきつい
でも見晴らしはずっと良いので紅葉を満喫しながらの
登りとなりました


7合目過ぎて先日マーキングを見落としてまっすぐ進んでしまい
登り切ってしまった岩壁を見上げながら我ながらよく登ったものだと
そのおかげで降りるのに大変怖い思いをしたあの日を思い出し
おかしいと思ったら間違いないところまで戻るという登山の基本を
改めて痛感。

登山道に戻り千本檜小屋に目標より10分遅い8:10到着。2:30で登りたかったなぁ
もうすでに結構な人が居るもんだと思っていたら誰もいなくて自分一人。
後に同じ屏風道から二組が到着。大変静かな小屋での休息となりました
ここでしばしの休息の後、八つ峰に取り掛かります

鎖を使っての峰越えが続くわけですが鎖の登り降りより
切れ落ちた岩壁をトラバースしながら巻いていく方が怖かった
それこそ足を踏み外せば奈落の底へ一直線、要注意です
梯子と鎖を伝って登り切ったピークがまだ六つ目ぐらいかなと
思っていたら大日岳だったんでビックリ。
気づかない内にピークを過ぎていたのか巻いてきたのか
わかりませんがあっけなく到着といった感じです。
体力はこの八つ峰で随分と復活したのでこのまま
ノンストップで入道岳へ進みます

入道岳へは登り返しはありますが比較的緩やかな稜線を歩き
約30分で到着です。
晴れてはいませんでしたがガスが無くて目の前にそびえ立つ
エチコマと中の岳を満喫して下山です。

下山道である新開道は冒頭の10分くらいは大変面倒な道になっているんで
要注意です。それを過ぎれば鎖も無いごくありふれた道を下ります
12:14分 無事駐車場に到着
リベンジ成功です!

帰りに八海山神社で軽くお参り、そばを食べ
家ではささやかな祝杯を。。。もちろん名酒『八海山』で

コースタイム
登山口 5:28 千本檜 8:10/8:24 大日岳9:12 入道岳9:39
入道岳 10:01 登山口12:14





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン