YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

南アルプスの女王、仙丈ヶ岳登山(北沢駒仙小屋~藪沢・小仙丈ヶ岳分岐~小仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳~馬ノ瀬ヒュッテ~藪沢・小仙丈ヶ岳分岐~北沢駒仙小屋)

ynsmrさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:関東在住。主な活動フィールドは表丹沢。奥秩父や箱根の山も行きます。ここ数年テント泊で北アルプス、南アルプスを縦走し始めました。ロングトレイルしたいです。毎年雪山に挑戦したい気持ちありますが、なかなか足を踏み出せません...よろしくお願いします!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2014/07/22(火) 19:02

 更新

南アルプスの女王、仙丈ヶ岳登山(北沢駒仙小屋~藪沢・小仙丈ヶ岳分岐~小仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳~馬ノ瀬ヒュッテ~藪沢・小仙丈ヶ岳分岐~北沢駒仙小屋)

公開

活動情報

活動時期

2014/07/21(月) 05:17

2014/07/21(月) 11:49

アクセス:176人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,052m / 累積標高下り 2,001m
活動時間6:32
活動距離10.44km
高低差1,100m

写真

動画

道具リスト

文章

北沢駒仙小屋にテントを幕営し、甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳を1泊2日で制覇しようの巻の第2日目。

当日は3:00頃に起床しようとするも、ついウトウトとしてしまい4:00に起床。それからご飯を食べたりなんやらかんやらで、5:30に北沢駒仙小屋のテン場を出発。

私の持っていた2012年の南アルプスの地図を元にルートを検討しており、北沢峠から仙丈ヶ岳登山道へ合流する道で登ろうと思っておりましたが、交差路に「仙丈ヶ岳2合目」へ向かう看板を発見し、そこから登山開始。直ぐに北岳の見晴らし台があり、運良く雲の間から北岳を見ることも出来ました。その道を使って約30分で2合目へ到着。
その後、3合目、4合目と標識を見ながら登る。特に危険箇所は無し。

藪沢・小仙丈ヶ岳の分岐を超えると時折渋滞も発生していました。団体の登山客も多かったように思います。小仙丈ヶ岳に到着しますが、ガスで特に何も見えず、行動食の柿の種とウイダーinバー プロテインをほうばるのみ...。

晴れていたら最高で気持ちのいいであろう、ちょっとした岩場の尾根をガスの中進みます。

ピークの仙丈ヶ岳は天候がすぐれないながらも多くの登山者で賑わっておりました。「俺はまた百名山の一つを登ったぞ」と写真で記録を残し、撮影もそこそこに(なにせガスっていますので...)下山開始。山頂では一瞬、Softbankの電波も入りました。

帰りは馬ノ背ヒュッテ経由で仙丈藪沢小屋(休業中?)の前を通って、元来た道に合流し、テン場へ。途中でみた仙丈小屋は入っていませんが、とても良さそうな小屋でしたね(外から見るに)。
馬ノ背ヒュッテは中に居る山小屋スタッフの方に鍵を借り使う方式。トイレの処理をヘリで降ろしているらしく、トイレチップ200円でしたが清潔なトイレで使いやすかったです。

馬の背ヒュッテから藪沢の分岐に戻り、元来た道をひたすら下山。

途中で雪渓、ちょっとした沢を渡る箇所がが2箇所ありましたが、落ち着いて行けば全く問題なく、アイゼンも不要。沢のせせらぎとともに気持ち良い清涼感。


総括としては、全体的に危険箇所は有りませんでしたが、雨風の様子によっては、小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳へ向かう尾根の岩場は多少足元の注意が必要かも知れません。この季節はアイゼンは不要です。

北沢駒仙小屋テントを張って、デポして甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳をピークハントしようとするなら多少重くても豪華な山メシを仕込んで行ったほうがいいな、と思いました。食料を運搬する必要がないのですから。そういえば高校生の団体が本格的なカレーライスを作っており、羨ましい限りでした。アルファ米とラーメンじゃ勿体ないですね。
南アルプスは水場豊富なので美味しい水がたくさん飲めたのも嬉しかったです。

<帰りの交通機関>
帰りは北沢峠からバスで帰路へ。北沢峠には戸台口行きと、広河原行きのバス停が二つあります。関東方面であれば、戸台口へ行って茅野駅からJRか、広河原から甲府駅でJRという方法がありましたが、時間の関係で後者を選択。来るときに戸台口から北沢峠のチケットを往復で買っていたので手数料(2枚で200円でした)を払って、払い戻し出来ました。広河原行は13:30のバスということでしたが、13:00過ぎから増発のバスで並んだ人からバンバン乗せて出発。こういう時はずっとバス停に居るのが吉です。そのバスで45分かけて広河原まで出て、広河原で甲府駅行きのバスのチケットを購入。連休だけかも知れませんので確認要ですが、広河原では乗り合いタクシーも居ましたので、大人数のパーティーはそれを使ってもいいんじゃないでしょうか。広河原から奈良田でバス乗り換えて甲府駅まで。奈良田からは席に座れず、2時間半程ぎゅうぎゅうの車内でステップに座っておりました...。途中で1回トイレ休憩がありました。甲府駅からはスーパーあずさは指定席はおろか、自由席も120%の乗車率ということで、指定席のデッキでやり過ごしました。恐るべし、三連休...。山は下界との調整も大変ですな。

また、晴れた日に再度登りたいと思います!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン