YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

苗場山、小赤沢より 山頂台地はパラダイス

たこさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:高校の山岳部出身です。
    飯豊連峰の縦走を再び夢見る日帰りハイカーです(^^)
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:
  • その他 その他

苗場山・赤倉山・佐武流山

2015/10/11(日) 09:32

 更新

苗場山、小赤沢より 山頂台地はパラダイス

公開

活動情報

活動時期

2015/10/10(土) 06:01

2015/10/10(土) 13:32

アクセス:447人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,287m / 累積標高下り 2,291m
活動時間7:31
活動距離12.84km
高低差884m
カロリー5001kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は元山岳部員の中年三名による山行です。山は紅葉真っ只中であろうこの連休に、比較的山頂までのアプローチが楽な苗場山小赤沢ルートをチョイス。
ここは3合目に駐車場があるのでスタートが3合目からになります。楽して山頂台地と紅葉を堪能し山飯もいつものオニギリ、ラーメンとは違ったものを楽しむそんなテーマの山行であります。

関越道越後川口インターを降り十日町方面へ車でR117~R405を経て3合目駐車場に着いたのは空が明るくなってきた五時半過ぎ。すでに20台程停まってます。他県ナンバーが殆どです。因みに反対側の祓川ルート(湯沢)の駐車場は前日の夜には埋まっていたとの話です。さすが百名山!
6時に出発です。3合目~4、5、6合目は程よい登りただし大半はドロドロのぬかるみです。スパッツ必須、靴の汚れなど気にしていられません!
6合目あたりから、本格的な岩場の急登が始まります。鎖場や変わらぬドロ道、滑らぬよう慎重に。
8合目、真ん中に一本木が生えている道を登りきると…パラダイスルートがやってきます🎵 山頂台地へと向かう美しい稜線を木道によって導かれます。
途中樹林帯に入ります。ゴロゴロ岩とドロドロ道の歩きにくいコンボ…しかしここを抜ければ山頂パラダイスが待っています🎵
そして抜けます…思わず声がでるほど美しい山頂台地、山頂パラダイスです!
とにかく広いものすごい規模の山頂台地そして湿原。中年三名思い思いに写真を撮りまくります。楽しい、楽しいぞ、まさにパラダイス🎵
祓川ルートからの人があがってくる前に山頂にて撮影も済ませ、ヒュッテ横のベンチにて休憩。この日初めてザックを下ろします。前をみると飲茶セットを準備する友人K
が、おもむろにセイロをガスにセット。隣では海鮮焼きそばを炒めだす友人H、レトルトカレーとウインナーをボイルする私。周りの方々が好奇の目で我々を見つめます。
お構いなしにと山飯を楽しむ我々w
抜群にうまいセイロで蒸かした肉まん、抜群に辛いカレーLEE20倍、とラーメンとオニギリのコンボから一皮むけた我々。この頃から祓川ルート組が増え人も一気に増えてきました。
曇りだし、風も吹き出しかなり寒くなります。動かねばと赤湯方面へと散策開始。広い草原と木道、遠くには平標、仙ノ倉、万太郎山、谷川岳と谷川連峰が見えます。目の前には佐武流山が。素晴らしい山頂台地に満足する我々。
名残惜しくも下山。登りより滑る鎖場やぬかるむ道に苦労しながらも無事駐車場まで。ドロドロの靴を洗うべく近くの沢へ。そこへ洗車ブラシを持って現る友人K!
彼こそ今回のMVP!ここは洗車ブラシ必須ですw

帰りの温泉はりっつさんお薦めの小赤沢温泉楽養館へ、500円、ソープ、シャンプー完備。ぬるめのお湯にちょうど人がいなくなり我々3人の貸切状態でゆっくりできました。
R405秋山郷の売店でキノコを買い、麓の酒蔵にて地酒「苗場山」もゲット🎵山行のみならず観光もして秋の山を満喫いたしましたm(_ _)m

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン