YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

燧ヶ岳登山、二度あることは三度ある。

高之進さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:登山、沢登、渓流釣り、本流ルアー、フライフィッシング、と何でもごじゃれ。移動は最高1日1200キロメートル。しかし、老人になり、歩く速度は半減。以前は舞茸を30㎏背負い、滝を幾つも越せたが、今はナメコ。70歳までには難関の山は終わらせたい。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:
  • その他 その他

尾瀬・燧ヶ岳

2016/10/15(土) 09:36

 更新

燧ヶ岳登山、二度あることは三度ある。

公開

活動情報

活動時期

2015/10/10(土) 06:31

2015/10/10(土) 14:42

アクセス:535人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,811m / 累積標高下り 1,277m
活動時間8:11
活動距離7.60km
高低差1,096m

写真

動画

道具リスト

文章

10月10日、新潟県奥只見の宿を3時に出発。5時に御池着。まだ、暗いので7時発。広沢田代まで急坂を喘ぐ。熊沢田代まで順調。風が強く、娘はダウンを着こむ。体感10度以下。熊沢田代を越え、さあこれから一番の急坂というところで転倒者と遭遇。前日の雪、ミゾレで登山道はぐちゃぐちゃ。切り株に転倒し、歩行不可能。仲間がいなく、ほとんどの登山者は素通り。これはだめだと登山中止。さあ、これからが大変。靴ひもをきつく縛り固定。1人の登山者が積極的に手伝う。肩をかし、道を開き、何とか救助ヘリコプターを呼べるところまで降ろす。足の痛みに耐え頑張りました。携帯のアンテナが立つ場所で新潟の宿から、新潟県警に連絡。新潟から福島県警へ。35分後にふくしま号到着。あっという間に救助し、あっという間に飛んでいきました。虚無感があったことは確かでしたが、見捨てるわけにはいきませんでした。
登山より、疲れるものですね。また、夏に挑戦します。非常に美しい山でした。頂上から尾瀬沼が綺麗だったと思います。予定では頂上から長英新道を下り、沼山峠からバスで御池に戻る予定でした。

追記 ちなみに、2016.8.3:4にリベンジ
入りは御池、沼山峠から燧ヶ岳を
越え、御池へ。
燧ヶ岳下りは登山道が荒れています。
帰りも沼山峠へ戻るのがベスト。
または、新道コース。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン