YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

猿投山(一等三角点)

EIZさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ストレス発散+体力つくり。2014年8月に職場メンバーに連れられ?富士山登頂してから、山登りにはまりかけています。ソロ活動が中心ですので、無理せず、永く続けられればと思っています。
  • 活動エリア:岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

猿投山・物見山・岩巣山

2016/02/15(月) 23:23

 更新

猿投山(一等三角点)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/11(日) 08:52

2015/10/11(日) 12:47

アクセス:126人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,298m / 累積標高下り 2,279m
活動時間3:55
活動距離15.08km
高低差516m
カロリー1391kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今朝は小雨模様だったが、午後から三河地区で用事があったので、天候の回復を期待しながら、猿投山を目指すことにした。
 東名高速→名古屋瀬戸道路→猿投グリーンロード→加納IC→猿投神社の上の駐車場を目指した。小雨模様だったので駐車車両は、9時頃で5台程度だった。
合羽のデビューになった。駐車場を出て、舗装道路を上り、水車やお倉岩を通過し、約15分で御門杉に。ここから山のぼりになる。丸太階段が多い。林道を横切り、登山口から20分位のところに休憩所があった。小雨になったのと、暑いので合羽をここで脱ぐ。ここからは、東の宮をめざし、登り続ける。東の宮の入口付近に公衆WCがあった。引き続き、山頂を目指して進んでいく、途中、ビューポイントらしきところがあったが、ガスっており、視界は全く利かなかった。山頂(三角点)には、休憩用のベンチがたくさんあったが、独り占めだった。記念撮影の後、小休止して、東海自然歩道を雲興寺方面へ向かう。後で気づいたが、赤猿峠の道標を勘違いし、その先方面と思って迷いこんでしまった。林道まで下りてしまい、1時間弱ロスした。更に雨が降り出した。赤猿峠へ戻り、猿投神社を目指して下山。沢伝いに下っていき、林道にでた。左に折れ、下っていくと、オフロード車数台にすれ違ったが、こんな荒れた道路を上がってくることができるかと思う位の荒道であった。道なりに下っていくと舗装道路に出た。左に曲がり、登って行くと、西の宮の入り口があった。自然観察路を進んでいくと登ってきたルートに合流した。ここからは、登ってきたルートなので安心して下山できた。本日の山行で出会った人は30人くらいであった。猿投山は迷い込みやすいと出会った人に聞いたが、まさにその通りで、反省である。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン