YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

剣山 初めての四国登山

なおさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2014年夏より本格的に登山を始め、唐松岳からの展望に魅せされ、一年で百名山7つ+燕岳や陣馬高尾縦走など完全山バカに。
    2015年5月より活動を関東より近畿に移動。
    2016年1月より長期出張で関東滞在中
    心が折れたのは天狗岳の下りと蛭ヶ岳の下り

  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:和歌山
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

剣山・八面山・正善山

2015/10/11(日) 15:34

 更新

剣山 初めての四国登山

公開

活動情報

活動時期

2015/10/11(日) 08:07

2015/10/11(日) 15:30

アクセス:223人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,581m / 累積標高下り 2,568m
活動時間7:23
活動距離13.89km
高低差589m
カロリー5829kcal

写真

動画

道具リスト

文章

当初は八経ヶ岳に行く予定が、天候が悪そうななので、天気図見ながら少しでもマシな四国にいくことに。四国は頻繁にいく機会はあったが、登山は初で期待いっぱい。大阪を一時前に出発し、美馬インターまで高速。降りて吉野川を渡り、438号で登山口まで。一宇を過ぎたあたりから、道は険しく、車一台分の道端で見通しが悪いため、明るい時の通行は対面に注意が必要。帰りは三回ほどバックした。大阪市内から登山口までは夜中で三時間半で到着。後半一時間は険しい道のため平均速度30キロほど。
到着時で駐車場は2/3は埋まる状況。

7時に起き、8時スタート。スタートすぐの階段を登り神社内を右に入ったとこから本格的スタート。緩やか登りで歩きやすく、気持ちよく高度を上げる。途中、西島駅手前の開けたとこから次郎笈までが紅葉も映えて気持ちも高ぶる。
西島駅で少し休憩し、登山口の遊歩道ルートで次郎笈へ。途中地元のお孫さんさん連れた年配の方に親切に道を教えて頂く。懐かしい土佐弁を聞き、自分も祖父と幼い頃に高知の野山を歩いたのを思い出す。剣山と次郎笈の分岐からは気持ちいい稜線歩きのはずが、あいにくの天気で、曇り空と風で残念だがガスはなく、四国の山々はみえて良かったです。次郎笈の直下登りは少しきつい登りでしたが、登りきった展望はよかった。剣山より山らしく展望も個人的にはこっちが好きかな。
次郎笈からの下りは巻道から下り、分岐まで戻って剣山山頂へ。山頂はリフトであがってきた軽装の人も多く、すごく賑わってた。山頂の小屋で山バッジを購入し、長い昼休憩。今日のザックの中身で一番重いのはおでんが1.5キロ(笑)山頂の寒空で暖かいおでんを食べて元気に下山。下山ルートは御神水を求めて、大剣神社へ。ここは『天地一切の悪縁を断ち、現世最高の良縁を結ぶ』という縁結びの神様ということで、みんなで御参り。すぐ下の御神水は日本名水百選に選ばれた水で若返りの水ということで、ナルゲン1リットル満タンに汲みました(笑)飲むと冷たくすごくおいしい。御神水で若返った気分になり、下山しました。紅葉は山頂手前は見頃。登山口付近は見頃まで後少しといった感じです。
下山後の温泉は若返った後なので、美人の湯の剣山木綿麻温泉へ。ぬるっとした感じのいい温泉でした。入浴料も400円と安かったですが、シャンプーは無し。50円で別購入でした。露天風呂は小さく二人が限界。そのマイナスポイント以外はよかったです。

帰宅後御神水でお茶飲みました。尼崎の水で作ったお茶と飲み比べましたが、明らかに御神水のほうがうまかった!!
中からも外からも若返った気分のオヤジは翌日は筋肉痛で寝てました。やはり気分だけで若くはなかった。。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン