YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ススキの季節 岩湧山

すすむしさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:月イチでファミリー登山を始めてから4年目に突入。皆さんの活動記録を見る度に「登りたい山」がどんどん増え、楽しみが追いつかない状態です。
    当初は、ここまで続くとは思ってなかったはずなのになぁ(笑)
    じーさんになっても楽しめそうな山登り、YAMAPとともに永く付き合っていきまーす。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

槇尾山(槙尾山)・八ヶ丸山・岩湧山

2015/10/13(火) 11:03

 更新

ススキの季節 岩湧山

公開

活動情報

活動時期

2015/10/11(日) 10:22

2015/10/11(日) 16:01

アクセス:150人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,025m / 累積標高下り 1,022m
活動時間5:39
活動距離6.28km
高低差513m

写真

動画

道具リスト

文章

月イチ登山。ススキが見たいと岩湧山へ。
末娘の歩くトレーニングも兼ねたかったので、今回は比較的距離が短い岩湧の森からスタート。前日の雨も止み、天候の回復に期待です。

「みはらしの道」が歩きやすいとの事で歩き始めたものの、気がつけば岩湧寺、そして「いわわきの道」と「きゅうざかの道」分岐に。…みはらしの道は何処に?…。
折り返すのも…ということで、一般向けの「いわわきの道」を選択。何とか末娘も山道、階段を登っていきます。

ある程度登ると尾根付近にたどり着き、なだらかな杉木立の中を歩きます。この辺りは適度に涼しく、ここまでで噴き出た汗が一気に収まります。
つかの間の木立を抜け階段を下ると、、、いきなり開けるススキの山!!思わず「うわぁぁぁ…」と見とれてしまいます。
「これ、てっぺんの景色、どないなってんねんやろ?」
はやる気持ちのままにラストスパート!

…なのですが…このラストが…なかなか…太ももに…キツイ……
「もう少し!もう少し!」と言い聞かせながら、何とか登りきりました。

曇り空はあまり晴れず、眺望もあまり開けずではありますが、ススキ原の広がりが凄い!
広場の周りが全てススキ!!
見渡してもススキ!
見下ろしてもススキ!!
「小さくない秋見いつけた!」な気分に、先程のしんどさが吹っ飛びます。
「頑張って登ったから、この景色に喜べるんや!」と、勝手な感動論を子供たちに語ってしまいます。

無事に頂上にたどり着いたのでお昼ご飯♪と言っている矢先に末娘が「トイレー!」
萱場を下りたところのトイレへ連れて行った妻曰く、「一瞬でさっきのしんどさ思い出した」そうです。

昼食、一休みとくつろぐ間に気がつけば15:00近い!下山を急がないと、真っ暗になる!と、末娘を抱っこひもに装着し、往路で選択しなかった「きゅうざかの道」を下ります。

急な階段を、急な坂を、ひたすら下ります。
嫁が滑って転びます。トレポが曲がってます。
体の重い息子はブレーキが効きません。時々木にぶつかって何とか止まってます。
身軽な長女はピョコピョコ飛び跳ねているそんな横で、背負う末娘の重みで私の膝はガクガクきてます。「きゅうざかの道」、よく名付けたもんだ…とか感心している余裕もありません。
岩湧寺にたどり着いた頃には、少し魂が抜けた?くらいにヘロヘロでした(笑)
こんなに疲れるコースではないはずなのになぁ…

下りで予想外に疲れましたが、全体は歩きやすいコースでした。中途半端な天候が少し悔やまれます。

何より今回の山行で、末娘に自信がついたのか、「こっちゃん、つぎもおやまじぶんでのぼるー!」と言ってくれたのが大きな収穫でした。

※近隣地域がだんじり祭り開催中で、周辺道路が時折封鎖されていました。河内長野市への車でのアクセスは早めの出発をお勧めします。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン