YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

普通に大山登山

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大山(鳥取県)・甲ヶ山・野田ヶ山

2015/10/12(月) 14:58

 更新

普通に大山登山

公開

活動情報

活動時期

2015/10/11(日) 12:21

2015/10/11(日) 17:15

アクセス:574人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,367m / 累積標高下り 2,687m
活動時間4:54
活動距離20.58km
高低差1,698m

写真

動画

道具リスト

文章

今回のテーマを、「海抜ゼロから」と決めた。かつて、にゃむんさんの記録にも試みが載っていたり、結構チャレンジする人はおられるようだ。で、どこの山へ?、でも何十キロも歩けないぞ。
最初は三瓶山を計画していたが、Yamapの三瓶地図では範囲が足りない。大山は?標高が高いし、歩けるのか。地図を見ると、海から山頂へ向けて一直線の道がある。それが全て、Yamapの地図におさまっている。
よし、決めた。名峰大山なら申し分ない。でも何キロ歩けばいいんだ。地図で測ると約20km、まあ歩けない距離ではない、ただ、登山口まで続く舗装道路(標高差約800m)を登り一辺倒で歩く、果たしてこの疲労度がどんなものか。

予定を立てる。三連休の中で、11日の、昼前からしか時間が取れない。
当日の朝7時~「町のクリーン作戦」で近所のゴミ拾い,続けて、8時~八幡宮の祭り用の幟立てがあった。
やっと解放され、大山へ向かう。10時半に大山登山口の駐車場へ着いた。あーあ、こんな時間か、外は大雨が降っていて外へ出る気にもならない。ワイパー越しに、カッパを着て歩いて行かれる方が見える。遠方から来ておられる方には大変気の毒だが、コンディションも含めての全てが登山なのだ。さすがに、雨のままだと、中止するしかない。とりあえず、雨が止むのを、車中でテレビ(NHK将棋)を見て待っていた。
藤井九段×屋敷九段の対戦、屋敷九段の中盤2枚銀が後退させられ、攻め手が遠くなったあたりまで見ていたが、眠くなりウトウト、気が付くと11:20になっていた。雨は小降りになっていたので、まあ行って見るか~ぐらいのノリでした。時間が遅くなり、ちょっと無理っぽいが、海から駐車場までは歩けると思う。

出発だ!と言っても、ふつうの登山者はすぐ横の登山道入り口から山頂を目指して登って行かれる。私はその反対向きに、自転車をこぎ、下山です。「俺って、何やってんだか」ってふと思う。
急激な直線下りをブレーキだけで下りて行く。風で帽子が取れ、顔に雨が、「ゴーグル持って来ればよかった」。40分もかかって、海岸まで着いた。田んぼの脇、風車の電力装置フェンスにチャリをデポ。そこから、海岸まで200mぐらい歩き、波打ち際まで来た。

水際でYamapのスタートボタンを押した。次に最初の写真を撮ろうと思うが、すごい高波で、海抜ゼロの位置に立てない。思っていたイメージは、「水に私の偏平足をつけている写真」何度かチャレンジしたが、波にさらわれそうになり、岸へ走って逃げる連続だ。登山しようと思っている時に、波とたわむれている俺は何なんだ。仕方なく、Yamap1枚目の写真を撮影し、海を後にした。

長距離のアスファルト走行に、履きなれたNB503を使用。安くて機能的で何といっても私の足に合っている。かかとのゴムは厚めで、次の一歩につながる心地よいクッション、サイドは狭く、足の横ずれがない、つま先は若干の余裕を持たせてある。欠点はハイカットでなく、捻挫する可能性がある事だ。

山へ向かって、歩き出した。16時までには、夏山登山道を登り始めないと、明るいうちに山頂へはたどりつけない。3時半に駐車場まで到着しなければ諦める事に決めた。
何の変哲もない、直線舗装道路、車がものすごいスピードで横を通り過ぎていく。わざわざこんな所を歩かなくても・・・「いやいや、これが、本当の登山だ」なんて理屈を考える。山が近づくと、傾斜がきつくなり、同じ歩行を繰り返す一辺倒な登りに、足の同じ部分にだけ負荷がかかる。時々、座って足を休めると、いつもの登山と違うところがだるくなっていた。道路脇には、標高100m置きに標識が置いてある。beefさんなら、面白いギャグを入れながら登頂されるのに・・・、「何か面白い事を考えよう」と標識の前で、しゃがんでキョロキョロしていたら、横を通る車に、「何やってるんだ」って顔して見られた。大山寺まで来た。この舗装道、とにかく長かった。やっと、登山口駐車場まで戻ってきたぞ。

出発して、ちょうど3時間、予想より早く登山口まで着いた。足もまだ動きそうだ。これなら、山頂まで行く事ができるぞ。食料を補給し、汗で濡れた服を全て着替え、3:40に出発。5時半までの登頂なら、明るいうちにYamapを終了することが出来る。遅くとも7時には下山しようと考えた。先ほどとは違い、今度は階段の連続だ、しかも1段が高い。膝を一杯に曲げなくても良い足の踏み場を探しながら、「何だこの階段、まだ続くのか」などと、小声でぶつぶつ。この時間になってさすがに、今から登る人なんていない、下山者とすれ違うのみ、一組だけ登山者を追い越した。この方は山頂泊だそうだ。頂上に近づくにつれて、ガスか雨か分からないが視界が悪く、気温も急激に下がって来た。

山頂付近は、強風,極寒で、こんなところ長居できない。記念すべき山頂!と言う気持ちは後にまわし、Yamapの終了ボタンを押し、下山に移る。日が暮れるまでに、なるべく下りておきたかったが、5合目辺りで、ヘッドライト点灯、その後、急に暗くなった。つるべ落としとは、この事か。ライトで照らされる範囲が狭く、しかも老眼で足元が見えにくい。捻挫しないように、しっかりと足を置くように心がけながら、慎重に歩いた。ようやく駐車場に着いた時には、一安心でした。

荷物を積み込み、車で出発。デポチャリの所まで30分近くかかった。チャリはちゃんと待っていてくれた。防風林の向こうの暗闇から、波が打ち付ける音が不気味に聞こえた。


大山登山口(発) →   海岸(着)  →   海岸(発)  →   大山登山口(着)
11:20 (自転車) 12:10 (徒歩) 12:20 (徒歩) 15:20

 →  大山登山口(発) →  大山山頂(着&発) →   大山登山口(着)
    15:40  (徒歩) 17:15   (徒歩) 18:30

海岸から登山口駐車場まで
  距離:14.8km(車で計測) 17.4km(Yamap実歩行) 歩行時間3.0時間

登山口から大山登頂
  距離:片道3.2km 登り:1時間35分 下り:1時間15分

Yamapの高度:1698m  標高1729m  Yamapの標高が約30m低い。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン