YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

観音岳のヒカゲツツジと堀坂山

ヤマノボラー・Minaphmさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.1283
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4500枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • ユーザーID:226520
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:滋賀, 京都, 三重
    出身地:和歌山
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
堀坂山・観音山

2018/04/16(月) 13:30

 更新
三重

観音岳のヒカゲツツジと堀坂山

活動情報

活動時期

2018/04/14(土) 08:10

2018/04/14(土) 12:11

ブックマークに追加

アクセス

518人

文章

 翌日曜に丹波の向山へヒカゲツツジを見に行く予定でしたが、お天気が悪くて中止に。それならと、何とかお昼過ぎまで天気が持ちそうな土曜日に、ヒカゲツツジを見に、丹波より少しは近い松阪の観音岳に登りました。ヒカゲツツジは、旬の短い花で、すぐに傷んでしまうし、雨風にも弱いそうなので、この土日の嵐で傷んでしまうかも。となれば、今年最後のチャンスかもと思い立って、朝8時には、麓の森林公園駐車場に車をとめました。
 観音岳は標高が600m程度の低山ですが、最初から階段の急登が続き、なかなか登りごたえのある山でした。標高550m付近まで、ヒカゲツツジは全くなく、550mあたりから突然現れました。薄いレモン色の素晴らしい花です。すぐに、大群落となりました。シャクナゲに似た葉もほかのツツジとはずいぶん違います。町で咲くツツジより、小ぶりの上品な花です。見ごたえばっちりでした。もう少し登って590mを超えたあたりで、またピタッと花がなくなり、この花の分布が標高の狭い範囲に限られてることに驚きです。
 やがて、観音岳山頂。正面に、堀坂山が大きく見えました。でも、小雨が降ってきて、このまま引き返そうか、堀坂山をまわろうか少し迷いました。でも、せっかく来たんだからと、堀坂山に向かうことに。いったん、堀坂峠まで下って、車道を渡って登りなおしです。
 ここからの堀坂山の登りもなかなかの急登。でも距離はあまりなく、半時間ほどで到着。ここにも三角点があり、立派な山頂でした。やはり来て良かったです。下りは3km超の長い下り。途中、雌岳の下りの標高600mあたりで、ヒカゲツツジが咲いていました。観音岳の大群落より少し標高は高い目です。群落は少し小規模でした。でもまた会えて嬉しかったです。その後、急降下を経て森林公園に戻りました。ちょうど4時間ほどの周回でした。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間1分
  • 活動距離活動距離7.96km
  • 高低差高低差614m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り950m / 950m
  • スタート08:10
  • 1時間14分
  • 観音岳09:24 - 09:36 (12分)
  • 22分
  • 堀坂峠09:58 - 10:02 (4分)
  • 29分
  • 堀坂山10:31 - 10:58 (27分)
  • 1時間13分
  • ゴール12:11
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン