YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

紅葉の大船山、御池。

hirajunさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/10/14(水) 06:58

 更新

紅葉の大船山、御池。

公開

活動情報

活動時期

2015/10/12(月) 09:31

2015/10/12(月) 13:11

アクセス:492人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 279m / 累積標高下り 518m
活動時間3:40
活動距離6.74km
高低差477m
カロリー1461kcal

写真

動画

道具リスト

文章

10月11日〜12日 紅葉の大船山。

10月11日 ー 長者原〜雨ヶ池〜坊ガツル〜大船山〜坊ガツル(法華院山荘泊)
ログは途中で切れてしまった。
久住デビューの息子に雄大なタデ原湿原とドーンと迫力ある三俣山の風景をまず見てほしくて、
7時前に長者原の駐車場に着いたが、あいにくの雨。

出発してもすぐ戻ってくる人もいて、雨が上がるのを暫く不安に待つ。雨があがって、スタートしたのは8時過ぎ。案外息子は楽しそう。
雨ヶ池ではヤマラッキョウやマツムシソウにも会えた。空も少しずつ明るくなってきていた。
途中の紅葉はまだこれからといった感じ。テン泊をしに坊ガツルへ行くふーおいちゃんと遭遇。
言葉を交わす私にちょっとびっくりな相棒と息子。なんかちょっといい気分。

坊ガツルが見えてくると三人ともワクワク。
最後の石が敷き詰められた坂道を下り、ススキ広がる坊ガツルへ出てくると、息子も感動した様子。
「おぉ〜、こりゃ凄いわ。いいね。」
青空が少しずつ広くなり、大船の山頂も雲が取れてきた。
法華院で昼食をササっとすませ、晴れているうちに山頂にたどり着くぞと相棒と息子は元気。
息子は軽々と登っていく。
うー、私はキツイ。
でも、すれ違う人全員が上は素晴らしいよ、紅葉は今日が最高! という。
そうそう、スローライフさん御一行ともお会いできた。今日はYAMAPユーザーに沢山あったそうだ。
吉部に戻るところだそうで、凄い速さで降りていかれた。絶対ついて行けないなと思った。

キツイ思いをして登った大船山は大きなご褒美をくれた。
家族皆んなで青空の下美しい紅葉の大船山、御池を見る事が出来たのは感激だった。
帰りはもうヘトヘトで何回か転んだりして法華院にたどり着いた。
ビール、美味しかったなぁ。
お風呂の後、父と息子は食堂で21時まで持参のツマミとワインを楽しんだようだけど、私は即、熟睡。
「天の川も見えて、星が綺麗やったよ。」らしい。

10月12日ー法華院〜スガモリ〜林道〜タデ原自然観察路〜ビジターセンター〜長者原駐車場

朝の晴天は続かず、9時頃からすでに雨がポツポツ。
北千里ケ浜 では見えているはずの硫黄山もすっかりガスの中。スガモリでお汁粉食べて暖まってから
黄色のマークを頼りに長者原向けてひたすら降りる。
林道に出て再び登山道へ入るか、このまま林道を降りるか 迷ったけど、ガスで景色も見えないし雨で道も悪くなっている登山道よりも、結局早くて楽だろうと林道に決定。
距離は倍以上だが、こんな天気の日はゆる〜い下り道は歩きやすくて、なかなか快適な道だったかも。

林道を歩いたおかげで疲れなかったので、途中で観察路に入りタデ原も楽しんだ。 三俣山、見えず。

ツルティさんの素敵な写真をビジターセンターで観て、いつものようにとり天食べて、星生温泉につかって、
下道通って(高速は寝てしまいそうだから)福岡に帰った。

相棒はgoogletとは違う道を走ってちょっとでも早く到着するという、「googleとの闘いだー‼︎」 を楽しみにしているようだ。
10分、勝った。











コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン