YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

あこがれの祝瓶山 楽しかったけど恐かった~?

ぱぱっちさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:友人に誘われ、20年ぶりに新しい靴を購入したことをキッカケに、山歩きを再開。
    50歳を過ぎて、かなり体力は落ちているものの、気持ちだけ?は若いつもりで楽しもうと思っています。
    皆さんの情報を参考に、楽しみたいと思います(^^)
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

大朝日岳・朝日連峰・祝瓶山

2015/10/13(火) 00:04

 更新

あこがれの祝瓶山 楽しかったけど恐かった~?

公開

活動情報

活動時期

2015/10/12(月) 08:14

2015/10/12(月) 15:16

アクセス:363人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,118m / 累積標高下り 1,116m
活動時間7:02
活動距離9.39km
高低差862m

写真

動画

道具リスト

文章

10月12日、東北のマッターホルンと言われる「祝瓶山」。
前から行きたいと思っていたのですが、やっと念願叶って登ることができました。

登るのが大変と聞いていたのですが、行ってみて、あ〜こう言う意味で大変なのか〜と納得(^^;;
長井ダムを超えた辺りから、切り立った崖が続くのですが、谷が深く落ちたら一巻のアウト(^◇^;)
側溝ありガードレールなしの狭い道なので、特に車の谷側に乗っている人は生きた心地がしないかも(^^;;
怖〜いの大合唱?でした。
木地川ダムから先は、砂利道に。かなり凹凸があるため、出来ればRV車がいいかも。間違ってもエアロの着いた車では行かない方がいいと思います(^^)
因みに、長井市の中心部から登り口の祝瓶山荘まで、約1時間掛かりました。

今回のメンバーは6人。
変な疲労感を残したまま、8:15スタート。時計回りルートでいくことに。なだらかな道を進みます。
15分位歩いたところで、吊り橋出現。一人づつ渡るよう念押しされてます。かなり揺れて楽しい?です(^^)
この踏み板、11月7日に撤去されるとのこと…注意です。
何本かの沢を渡りながら進み、1時間で分岐点。左に折れます。

途中から勾配がきつくなりますが、思いのほか淡々と進めます。
でも、山頂が見えるたびに写真をパチリ、中腹の赤・黄色、山肌の白のコントラストが素晴らしく、10m進んでは写真をパチリ。なかなか前に進めません(笑)

最後の急登を登り切ると、1,417m山頂に11:45到着。やった〜とみんなでハイタッチ!手書きの標識を持って記念撮影!

段々ガスと風がでてきたので、昼食を急いで食べて下ることに。12:15後半戦スタート。
稜線は強い風が吹いているもの、木々が上手く遮ってくれて思いのほか快適(^^)稜線を境にして、景色が分かれていていい感じです。

分岐点を右に進みます。標識は倒れて見過ごしやすいので注意です!
途中、大きな一枚岩が何枚?かありますが、鎖を上手く使って慎重に下ります。今回、紅一点の山ガールは悪戦苦闘のよう(^^;;
振り返ると、頂上はガスの中ですが、中腹の紅葉は見事で癒されます。
なだらかになって登りになると、赤鼻分岐まであと一歩。登りが意外にキツイ(^◇^;)
頂上からここまで1.5時間。

右に折れ20分下った辺りで雨が…本降りに。急いでカッパを着込みます。
でも、満足感で一杯なのか、みんなも雨を楽しんでいるよう(^^)
揺れる吊り橋を渡ったらもうすぐ。15:15祝瓶山荘に到着っ!

満足したせいか、帰りの林道の恐怖感は何処かにいってしまったよう…単にボ〜っとしてただけですけど(^^;;
とっても楽しい1日でした。
また行くのと聞かれたら…多分?…きっと?…もしかして?行っちゃうんでしょうね(^ー^)ノ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン