YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

バリ島ではありませんが、お手ごろ旅行?、シンガポールはいかがですか!(^^♪

V誘笑むさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
    還暦を迎えてちょっと経ちましたが、まだまだ、社会に貢献?しております。熊本地震では被災しましたが、メゲズに人生を楽しみたいと思っておりますので、よろしくお願いします、m(__)m
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1954
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

デンパサール(バリ島)

2015/10/17(土) 11:34

 更新

バリ島ではありませんが、お手ごろ旅行?、シンガポールはいかがですか!(^^♪

公開

活動情報

活動時期

2015/10/08(木) 10:00

2015/10/11(日) 11:00

アクセス:267人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間73:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

 山行きとは関係ありませんが、お手軽でお徳用の海外旅行のご紹介。
昨年のハワイ旅行に味をしめて、これから毎年一度、海外旅行に行きたいネということで、今年は、2泊3日のシンガポール旅行を計画しました。旅行会社は昨年同様、LOOKJXX利用で、お徳用(各1000円/一人)の4つのオプション観光(ダックツアー、シー・アクリウム入場券、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ入場券、アフタヌーンティー)とホテル(そこそこ)を予約したところでした。

1日目(10月8日):
 福岡空港10時発のシンガポール航空、約5時間半ほどのフライトでホテルには、現地時間(日本と時差1時間遅れ)17時頃到着。チェックイン後、まずは、オプション観光の一つ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ観光の為、直ちに外出。今回の旅行の観光は、全てタクシーか公共交通機関利用で移動しますが、まずは、最寄りの地下鉄の駅(クラークキー駅)まで散策してみることにしました。ホテルから約15分の距離ですが、夕刻とは言え、暑さが気になります。明日は、バスを使ったがよさそうです。気温は30度を越えているはずですが、地下鉄の駅も含めて、どこでも屋内はよく冷房が効いておりました。外は、とにかく暑いです。
 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、地下鉄はベイフロント駅からすぐです。屋内ガラス張りの大植物園(ここもよく冷房が効いております)は、菊の花園がとてもキレイでした。また、見ものは、巨大スパーツリーのイルミネーション、ここは、昼間より日が暮れてからいくべきです。ホテルへチェックインして、落ち着く暇もなく無理して観光に出かけた甲斐がありました。
 20時すぎ地下鉄クラークキー駅まで帰ってきましたが、夕食がまだでしたので、探しますがなかなか手ごろな処が見つかりません。日本食のお店は多いのですが、ここはと思うレストランは待ち行列で、やっとビヤレストランに立寄ることができました。ビールのつまみを2品(蕎麦の野菜サラダ、フライドチキン)頼みましたが、値段もお高く量も多くて、それだけでお腹いっぱいとなりました。味と量、それとお値段とのコストパフォーマンスはいま一つでした。
 ホテルまでの交通機関を把握する暇がなかったので歩くことになりましたが、暗い中、道がに迷ってしまいました。一本道だからと、安易に考えておりました、同じようなアベビューが何本もあるのです。分からない英語で外人に尋ねて、やっとホテルに戻ったのは、22時すぎでした。

2日目(10月9日):
 今日が中日、一番のメインの日です。オプション観光のダックツァーが10時スタートでしたので、これも地下鉄をクラークキー駅からエスプラネード駅まで、出発地点のサンテック・シティ・モールまで参りました。シンガポールは500万人を超える大都市で、地下鉄に乗ってると、東京の地下鉄に乗ってるような気分になってしまします。しかし、乘っているのは、日本人とは違う外人ばっかりで、見ているだけでも面白い。
 ダックツアー(水陸両用車)の乗り場には、2階建て観光バスの停留所もあります。ここサンテック・シティ・モールは、巨大シティモールでたくさんのお店がテナントで並んでいます。しかし、10時前のオープン前でまだひっそりとしておりました。ダックツアーはアヒルの水陸両用車に乗り、マリーナ・シティ公園から海に突入するスリリングな観光です。マリーナ・ベイを一周しますが、マーライオンを始めとして、マリーナ・ベイ・サンズ(ホテル)やシンガポールの街並を、海側から眺めるのも一興でした。
 その後、また、地下鉄利用でハバーフロント駅まで移動して、さらにモノレールでセントーサ島(一大リゾートアイランドだそです)へ渡りました。ここで、大水族館シー・アクリウム観光です。大水族館は、写真のとおりですが、惜しかったのは、マレーシアンレストランでの食事でした。ちょっとだけ、味見程度に食しましたが、値段もお手頃、大衆的料理がとても美味そうでした。その日、ホテルでの朝食バイキングの食べ過ぎで、正午を過ぎてもお腹が空かない状態でした。ここでの、夕食はお勧めかと思います。
 今日のメインの観光はこれで終了ですが、家内が免税店に行きたいと言いますので、地下鉄でオーチャード駅まで移動し、オーチャード・ロードを散策しました。ここは、東京で言えば銀座、福岡なら天神と言うべき処でしょうか。多国籍の人種が闊歩していて異国情緒たっぷり。にもかかわらず、高島屋や伊勢丹など日本の大企業が出店していて、日本人がいるお店ということで、安心感もありました。ついつい、高島屋に入りましたが、北海道展が1フロワー占めていてビックリ、また、とても盛況でした。シンガポールで旭川ラーメンを試食するとは、まさに想定外、そして、熊本桂花ラーメンも高島屋の中で出会えて、感動ものでした。
 地下鉄サマセット駅の近くのレストラン(観光パンフで発見)をめざして、そこで、今日の夕食の予定でした。そのお店、何故かクローズしておりましたが、仕方ありませんので、、お腹とのどの具合に負けて、また昨日と同様、ビヤレストランに入ってしまいました。シンガポール人はビールがとてもお好きなようです。今日は100ドル越え、ビフテキとピザで昨日より満足でした。

3日目(10月10日):
 今日は、最終日です。福岡への帰りの飛行機は午前1時20分発で、21時すぎにシンガポール空港まで送ってくれる車がまいりますので、それまで目いっぱい、遊ぶことができました。とは言っても、ホテルには、19時すぎには帰っておりましたが。今日のオプション観光は、コンラッド・センテニアル・ホテルでのアフタヌーンティーを14時に予約しておりましたので、それをベースに、どう動こうか?いうところでした。
 小生ホテルについて執着など全くありませんが、マリーナ・ベイ・サンズホテルのテッペン(標高200m近く)からシンガポールの街並を覗いてみたい、それと、マーライオンを間近いところから見てみたいという気持ちになっておりまして、14時のアフタヌーンティーに時間を合わせるように行動することにいたしました。
 マリーナ・ベイ・サンズホテルの最上階のスカイパーク、すごい感動の眺めです。シンガポールの名所の一つとして必見の価値ありですネ。また、同じ階に展望プールがあり、立ち入ることはできませんが、このプールの様子を遠く伺うことができました。このプールの水に浸りながら素晴らしい展望を眺めるのは、さぞ気持ちイイだろうと、羨ましくなりました。ホテルの宿泊者のみがプールを利用できるとのことです。また、このホテルの充実した施設等を目の当たりにして、このホテルの価値というものを実感し、このホテルをシンガポール観光の中心にしてもいいようにも思いました。一度は、泊まってみたいホテルですね。
 そして、地下鉄でラッフルズ・プレイスまで移動して、歩いて10分足らずでマーライオン公園を訪れました。海側からと、ホテルの展望台から、とマーライオン像を見ておりましたが、まさしく、すぐ間近で眺めて大満足し、シャッターに納めることができました。この公園、さすがに、シンガポールの一大名所。たいへんな賑わいでした。その後、アフタヌーンティーなるものを食しましたが、3段重ねのケーキとサンドイッツチにビックリ、1人前で十分なところを2人前で、またまた、夕食に影響するほど満腹になりました。
 その後サンテック・シティ・モールで時間をつぶし、地下鉄クラークキー駅まで戻り、ホテルまでバス利用で帰るつもりでした。昨日今日とホテルからの往路はバス利用でしたので、その往きのバス停の対面のバス停から当然ホテル方面のバスに乗れるだろうとそのバス停に行きましたら、どうもマッチするバス路線がなかったようで(片言で運転手にホテルの名前を聞きますが、ノーの返事しかありません)ガッカリでしたが、またまた帰りは、ホテルまで歩きとなりました。疲れました。

 長くなりましたが、十分満足で楽しい旅行でした。今からシンガポール旅行を検討される方のために、チョッとだけ、アドバイス。
・3泊するか2泊するか迷いましたが、シンガポール中心部がメインなら、2泊でも十分かと。帰りの便が夜中(日本時間午前2時すぎ)出発で朝方日本着ですので、最終日はまる一日有効に使えます。3泊(以上)される方はナイトサファリやユニバーサルスタジオ、カジノ等、他の楽しみ方もあるでしょう。
・団体ツァー以外は自分達の足で動いて観光することになります。日ごろの健康と体力維持は、遊ぶにも重要と痛感いたしました。シンガポール観光の場合、地下鉄が足の中心になると思いますので、ホテルは地下鉄の10分以内ならベターです。ただし、交通の便がいいとホテルの料金もお高くなるようです。ホテルはピンキリで、最下級に近くいくか(小生達)、最上級に近くにするかの選択がいいでしょう。次回再訪する機会があれば、小生達無理してでも、マリーナ・ベイ・サンズ(CMするわけではありませんが)を選びたい。
・バスを利用する場合、往きだけでなく、ホテルへの帰りのバス路線も調べておく。小生達、クラークキー駅からホテルまでのバス路線を軽く考えておりました。また、ホテル前のバス停が、往きと帰り(対面のバス停)で名前が違うのです。往きのバス停は小生達の泊まったホテル名、帰りのバス停には、帰りのバス停近くのホテル名でした。
・シンガポールに到着した1日目、夕方近くにホテル着ですが、ムリして、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの観光をお勧めしておきます。巨大スパーツリーのイルミネーション、これは逃してはダメです。
・小生達、旅行会社のオプション観光を全て(4つ)利用しましたが、これを活用される方は、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ以外の3つを1日で消化すると効率がいいです。そして、翌日は、サンテック・シティ・モール発1日周遊の2階建て観光バス(乗り・降り放題)を利用して、オプション以外の観光地を回るといいかもしれません。この周遊観光バスは3コースあるようです。
・食事についてはレストランはたくさんありますが、何するか迷ってしまって、結局、ビヤレストラン(たくさんあります)が2日続きました。やはり、事前に調べて、何をどこで食べると決めておくべきですね。
・帰宅して、風邪をひいてしまいました。現地は夏、日本は秋まっただ中、特に、日本に帰ったときの温度差など注意すべきでした。また、飛行機の中も、冷えました。毛布はありますが、最初から被ったいいですネ。
・お土産、観光地を離れて、いざ街中で探すと、ないんですね。特に、マーライオンのお菓子など。これは、荷物になりますが、観光地のお土産店で買うといいです。当然、空港にはあったと思いますが、小生達安い処を見つけました。
                                               以 上

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン