YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

多良岳

アミバタさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:のんびりと九州百名山制覇を目指してます。
    まだまだ先は長いですが…
  • 活動エリア:福岡, 熊本, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1985
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

経ヶ岳(佐賀県・長崎県)・多良岳・五家原岳

2014/07/24(木) 23:49

 更新

多良岳

公開

活動情報

活動時期

2014/07/24(木) 14:07

2014/07/24(木) 18:52

アクセス:195人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,687m / 累積標高下り 1,669m
活動時間4:45
活動距離7.17km
高低差459m
カロリー2493kcal

写真

動画

道具リスト

文章

中山キャンプ場から登山開始。
車はすでに5台ほど停まってました。

経ヶ岳からの縦走も考えましたが、経ヶ岳は1度登ったことがあり、時間、体力との兼ね合いから多良岳のみにしました。(笹ヶ岳に寄り道)

中山越で「経ヶ岳にもいけるんじゃ…」と欲が出て悩みましたが、当初の計画通り金泉寺•笹ヶ岳方面へ。
笹ヶ岳周辺は名前の通り笹が多かったです。

金泉寺に向かう道中、進行方向に多良岳がそびえたっており、あまりの威圧感にちょっと心が折れそうになりました。

金泉寺で少し休憩して、多良岳へ。
木や岩、ガス、虫の鳴き声などがあいまってどこか神秘的な雰囲気です。

多良岳から座禅岩を通って前岳(東峰)へ。
この辺りは変わった岩が多くて面白いです。

さすがにバテバテだったので、(鬼の岩屋も見逃した…)前岳から中山キャンプ場に戻ることに。
ところがこれが大失敗でした。

ほとんどルートがわからない上に、とても滑る斜面や沢で、何度も迷い、何度も転び、相当疲れました…
ストックも一本破損…

慣れている人やベテランの方以外、このルートはオススメしません。

ルート上にオオキツネノカミソリの群生地があり、咲いているところを見れたのはよかったです。
1分〜2分咲きといった感じでしたが。

GPSやコンパスを頼りになんとか下山。
やはり疲れていても、役行者像の分岐まで戻ってから中山キャンプ場を目指すべきでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン