YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

風頭山(かざがしらやま)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、忘却
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり
    目標=3年間山歩きをつづけるつもり
    単独超低山超無名山歩き愛好家のつもり





  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

風師山

2015/10/14(水) 16:40

 更新

風頭山(かざがしらやま)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/14(水) 07:39

2015/10/14(水) 11:15

アクセス:271人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 663m / 累積標高下り 833m
活動時間3:36
活動距離4.15km
高低差283m
カロリー1401kcal

写真

動画

道具リスト

文章

本来は、この山は風師山のいちばん展望のいい場所、あるいは風頭岩峰と呼ばれているようだ。

歩いてみて風頭山(かざがしらやまかかさがしらやまか曖昧である)がいちばんの人気スポットだと感じたし、一山一神の認識からすると風師山と風頭山を分けてとらえてもおかしくないと判断した。

標識には展望広場と書いてあった。

行ってみると、数人の方が高級な望遠レンズをつけたカメラを三脚にのせて構えておられた。
眺めがいいので風景を撮られているんだろうと思い、僕は僕なりに、関門海峡や山口県の山々や響灘や小倉市街地を眺めていた。

ひとりの男性に声をかけられ、カメラが上を向いているが、何を撮られているのかたずねたら、鷹が飛んでくるのを撮っているとのことだった。

空は秋空で晴れ渡り、鷹も鷲もトンビもコンドルの姿も見えなかった。

名前など聞いたこともない登山家や有名人?らしい人の石碑がやたらあって、読むだけで楽しかった。

男性に、あれが皿倉山ですよ!と教えられた。先日歩いた皿倉山は見えたが、権現山も帆柱山も花尾山も見えなかった。

花尾山で言葉を交わした男性は、ここ風頭山からの眺望を僕に見せたかったんだと、わかった。

長いこと憧れていた門司の山のテッペンにやっとたどりついたわけである。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン