YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

一の谷新道~中登山道(3回目)

マサヤンさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:まいどです!!
  • ユーザーID:54865
    性別:男性
    生まれ年:1969
    活動エリア:滋賀, 京都
    出身地:
    経験年数:公開しない
    レベル:初心者
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2015/10/14(水) 22:30

 更新
三重, 滋賀

一の谷新道~中登山道(3回目)

活動情報

活動時期

2015/10/14(水) 07:30

2015/10/14(水) 13:57

ブックマークに追加

アクセス

836人

文章

今回は、うちの奥方が以前から気になっていた一の谷新道からの上り。天気は申し分無しの快晴でしたが、朝は上り口付近でも10℃を切る気温・・・レイヤリングに悩みましたがそれも序盤のみで、登り始めると快適温度に。ただ、上では風が吹くと非常に寒くなり、山頂付近では「初冬か??」と思う程でした・・・


一の谷新道(上り)
中道登山口横の橋から行こうと思いましたが、通行止めの看板・・・仕方が無いので、スカイラインへ出て数十メートル上にある小屋から入山。ここのルートは色んな意味で最初から最後までほぼ、同じ感じで登って行きます。要はずっと尾根沿いの急登。ときたまなだらかな所もありますが、すぐに急登になります。御在所ロープウェイのサイトに「下りでは注意を」と書いているのもうなずけます。今回は、初めてでもあったので色々寄り道やグダグダ駄弁りながら登って行ったものの、距離が短いからか思ったよりは早く着いた(と思います)。


中道(下り)
今まで御在所岳登山の時は2回とも上りで使っていたルートですが、今回は下りで利用しました。下り始めからおばれ岩までほぼ、ノンストップで下ってしまいオマケに、写真があまり撮れていない・・・はい。楽し過ぎますねぇ・・・上りで少しヒヤッとする所(8~9合目付近のクサリ場)も、下りでは意外とサクサク下りられるし、キレットに至っては(3回目と言う事もあってか)少し拍子抜けするくらい・・・ただ、そこはあくまで鎖の張ってある所でもありますので、油断をするとエライ目に遭いますからあくまでも慎重に・・・

ロープウェイ下では、乗客からのラブコール(手振り)に応えながら下りて行きましたが、裏道への分岐の地点から下は、花崗岩のザレ場がハッキリ言って大嫌い・・・ブータレながら下山しました・・・


今回は、序盤は寒いながらも天気に恵まれ、景色も絶景で言う事無しの一日でした。今までの御在所登山とも違って山頂には人も多く、特に下山途中には多くの人とすれ違ったり追い抜いたり・・・休日だとキレットが渋滞すると言う記事を読んで「ホンマかいな・・・」と平日休みの私にとって少し疑っていましたが、少し納得しました。


まだまだ他にもルートがある御在所岳(隣の鎌ヶ岳や国見岳、雨乞岳含めて)ですが、それを考えるとまだあと何回通わなないといけないのか・・・と思うと笑いが止まりません。。。岩場ありクサリ場ありと危険個所も多くあるので、油断は禁物ですがそれを踏まえて、ボチボチ他ルートも計画しないといけません。。。


AM  7:30 中登山道登り口(スタート)
    7:58 まつたけ岩
    8:59 見晴し岩
    9:35 鷹見岩
    9:49 恵比寿岩
   10:17 公園駅(昼食)
PM 12:10 出発
   12:55 キレット
   13:07 地蔵岩
   13:18 おばれ岩
PM 13:57 中登山道口(下山)










軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間27分
  • 活動距離活動距離4.65km
  • 高低差高低差679m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,038m / 1,002m
  • スタート07:30
  • 6時間27分
  • ゴール13:57

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン