YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

皇海山 、鋸山

空上人さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:やっと自由の身になったので、やりたいことを色々とやってます。
    その中のひとつが山登り。若かった時にちーとばかりやってたのですが、四半世紀振りに再出発。
    道具をいちから少しずつ揃えてると、なんやかんやで仲間も増えてきて楽しい山旅が始まってます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

皇海山・袈裟丸山・地蔵岳

2015/10/19(月) 17:02

 更新

皇海山 、鋸山

公開

活動情報

活動時期

2015/10/14(水) 07:21

2015/10/14(水) 14:31

アクセス:219人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,008m / 累積標高下り 1,020m
活動時間7:10
活動距離7.79km
高低差794m

写真

動画

道具リスト

文章

やっと1年掛りで皇海山に登ることになった。
登山口までの林道が通行止めになったり、天候が悪かたっり、都合が悪くなったりと中々登ることができなかった。

今回は老神温泉で前泊して次の日に登ることになった。
旅館の建物は決して良いとは言えないが、暖かいホスピタリティと温泉と食事の品数、美味にすっかり魅了されました。
遅い到着からの夕食、朝5時にきっちりした朝食を出してくれ、昼食におにぎりも用意してくれました。
これぞ日本の家族経営旅館のカガミ。

旅館で教えていただいた栗原川根利林道(栗原川林道より時間はかかるが路面が良い。正解であった。)を通り、登山口へ。

登山口から二股へ、不動沢沿いを歩き不動沢のコルに到着。

最初に眺めの良い鋸山へ。
ザックを置いて、サブザックの軽い荷物で岩場と格闘。
ロープはあるが切れて繋いだ後もあり、慎重に登る。

鋸山、登頂。
皇海山は勿論、日光白根山、男体山をはじめとした日光の山々が普段とは違う裏側から見られることになる。

来たルートを慎重に下山。今回は7人での山行なのでしっかりと1人づつ降りていくので時間はかかるが安全第一。

コルまで戻り、昼食をプラスした空荷でザックは置いて皇海山に向かう。鋸山の岩場とは違って、普通の登山道を一歩一歩あゆむ。

皇海山登頂。
やはりパノラマの景色を山頂からは見えない。景色は鋸山に行かないとダメですね。

昼食をとり、下山開始。
来たルートを戻り、重いザックを背負い沢を下って登山口へ。

ほぼ予定時間に下山。
日本100名山の皇海山を登ることができました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン