YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

何を撮っても絵になる日でした

しみたかさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:最近、登れていません…
    源流釣り、登山、毎週行っていたのに…
    金欠病と、家族サービスが原因か?(笑)
    誰か誘ってくれー(^^)/
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

西吾妻山・東吾妻山・吾妻小富士

2014/07/28(月) 13:09

 更新

何を撮っても絵になる日でした

公開

活動情報

活動時期

2014/07/26(土) 06:51

2014/07/26(土) 10:49

アクセス:172人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,754m / 累積標高下り 1,758m
活動時間3:58
活動距離10.37km
高低差422m

写真

動画

道具リスト

文章

無料化された吾妻スカイラインから浄土平駐車場、奥の砂利サイドが登山道のスタート地点。
少しぬかるんだ登山道を抜けながら、徐々に高度を上げるとハクサンシャクナゲや食べ頃のコケモモ!?が目と舌を楽しませてくれる。
ここから端末の問題でGPSを拾えない状態になり、記録は分岐点をショートカットした形に…(^^;)
山頂はなだらかな広場のようで、その先には眼下に広がる五色沼が綺麗だ。
ショートカットした(笑)分岐点を鎌沼方面に進み、木道脇にミヤマリンドウが顔をのぞかせる。
それにしても気持ちよい、心地よい風が吹き抜ける。
姥が原付近を沼沿いに歩くとワタスゲ、チングルマの綿毛の群落があった。

駐車場に戻り、荷物を降ろして身軽になった姿で吾妻小富士に向かう。
歩幅の合わない階段を無理やり登る(笑)
すり鉢状のお釜には、期待していた水も登山者!?もなく、サンダル履き、ヒールの靴で登ってくる観光客に呆れてそのまま帰路についた。
帰る時には駐車場で支払いは無し(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン