YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲北山の縦走路を掃除

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2015/10/17(土) 20:50

 更新

出雲北山の縦走路を掃除

公開

活動情報

活動時期

2015/10/17(土) 11:29

2015/10/17(土) 18:03

アクセス:502人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,893m / 累積標高下り 2,881m
活動時間6:34
活動距離19.56km
高低差562m

写真

動画

道具リスト

文章

何やかんやで昼前からのスタートになってしまった。
出雲大社横の弥山駐車場へ行ったが、島根ワイナリーのイベントで駐車できない。マジかよー。
一つ横の河原谷(ガーラダン)へ自転車をデポし、車で伊努谷(イヌダニ)へちょっと登った坊主山横の林道へ移動、広い場所があるので停めた。
ちょっと、マニアック道から進んで見よう。
本当は坊主山から東稜主峰を通り、西峠から縦走路へ合流しようと思っていたが、全く違ったルートになってしまった。まあ、いつもの事だが、俺って方向音痴だわ。
東稜主峰から、尾根沿いに急な登り坂を這い上がり、鼻高山山頂へ出た。
山頂のベンチで、まったりと昼食のお湯を沸かしておられた人の背後から、なんと私が現れてしまった。
人「そ、そんな所に道があったんですか?」
私「す、すみません。見なかった事にしてください。」そそくさと頂上を後にした。
さあ今からが仕事だ。道に落ちている小枝や、ふさいでいる木を除去しながら進む。
西峠の所で、2人目の人とすれ違う。「少し行ってから鰐淵寺へ下りる道はありますか?」
私「もうすぐ鼻高山、それを過ぎてしばらく行くと伊努谷(イヌダニ)峠へ出ます。ベンチがあります。そこを・・・降りると500円取られますよ!」人「もう取られました」私「あっちゃー、じゃあもう恐れる事はありません。お気をつけて。」
西峠からちょっと北へ下ってみた。ここ昔の道なんだよな。落ち葉が敷き詰められた幻想的な林の中、切株に腰を掛け、休憩した。誰も来ない場所、何とも落ち着く。
縦走路に引き返し、掃除をすすめる。大風の後だけど、思ったほど木が落ちていない。他の人も除去しながら歩かれたんだと思った。
天臥峰から、行った事の無い火打山へ足が向く、ほとんど尾根道を歩くので、そんなに疲れない。何となくカチカチ山を連想してしまい、日頃の行いから、背中に火を付けられないか心配だった。
さらに進む、本日最大の木が転がっていた。周辺の枝木を切除後、本体を切りにかかったが、半分ぐらい切った所でノコギリが挟まり先へ進まない。さすがに疲れた。木が中途にぶら下がった状態では危ないので、地面に落として置く処置をした。
やっと、遙堪峠に出た。本当はここより先の狭い道に手を付けたかったが、もう17時前だ。あと30分で暗くなるから、ここで下山しよう。
仕方なく、下山した。人里に出てしまったが今度は、怪しまれないようにしないといけない。お腹には拾ったゴミ入れ,脇にはノコギリ鎌をさしている不審者なので、自転車デポ地点まで急いだ、途中、違反車を捕まえた警察に見られたが、何も言われなかった。あー良かった。
チャリンコに乗り、今度は反転、車の所まで急いでこいだ。車の所へ着いた時には完全に日が暮れていた。森の中の暗闇に怪しげなやつが・・・丁度良い具合か。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン