YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

トレーニングのはずが・・・

すっとこさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:日帰りじゃ行けないような山にも興味がでてきました。
    テントが欲しくなってきた今日このごろ。
  • 活動エリア:大阪, 兵庫, 滋賀
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1990
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2015/10/17(土) 22:42

 更新

トレーニングのはずが・・・

公開

活動情報

活動時期

2015/10/17(土) 09:25

2015/10/17(土) 15:34

アクセス:209人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,943m / 累積標高下り 1,637m
活動時間6:09
活動距離12.11km
高低差745m
カロリー2899kcal

写真

動画

道具リスト

文章

阪急バス「知るべ岩」 → 蓬莱峡 → 船坂峠 → 六甲最高峰 → 土樋割峠 → 東おたふく山 → 雨ヶ峠 → 住吉道 → 阪急「御影」

10月下旬に武奈ヶ岳のロングコースに挑戦するので、トレーニングをしようという話になった。
候補に挙がったのは、蓬莱峡から最高峰経由で住吉道を下るコースだ。
前回蓬莱峡に行ったときは藪漕ぎしたので、上司は雪辱に燃えていた。

当日、蓬莱峡に入場すると道標のテープが巻いてある。
前はこんなのあったかなぁ?と思いつつ、素直に従うと素晴らしく快適な登山道があるではないか!
なるほど、堰堤を迂回しながら谷の上流へ行けば良かったのね。
前回はどうやら最初から最後まで独自のコースを突き進んだらしい。
どうりで大変だったわけだ( ̄▽ ̄;)
正規のルートを踏破できて、上司も満足気だった。

縦走路を辿り最高峰目前というところで、上司がリンドウを見つけたという話を思い出した。
僕も見てみたいとリクエストを出すと、東おたふく山を経由することに。
日当たりの良いところに自生しているらしい。
土樋割峠の急勾配を抜け、サクっと東おたふく山に到着。
辺りを見回すと・・・見つけた、リンドウだ!
えらい数で群生していて、探すまでも無く綺麗な紫色が目に飛び込んでくる。
初の生リンドウを群生で見れて、ちょっと感動した。

ただ、生リンドウを見てテンションが上がりながらもふと思う。
ススキの草原が回復すれば、日当たりは悪くなってリンドウはいなくなる。
でも、人間は自然を回復させようとススキを保護する。
・・・ん~、何が正しいのかね~。
難しいことは分からないので、ゴールの御影駅まで帰ることにする。

東おたふくや雨ヶ峠で久しぶりにヤマドリ?やイノシシにも遭遇した。
トレーニング用のコースのはずだったが、山の魅力が盛りだくさんで楽しめた。
楽しんだにも関わらず、いつのまにか22kmを踏破していて、無理なくトレーニングもバッチリ。
武奈ヶ岳への準備は万端だ。

*電池切れのため、軌跡が途中で切れてます

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン