YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

歩いて帰ろう 大座礼山〜鉄塔広場周回

ソーヤさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気づいたら
    ありゃ3年目(・∀・)

    あんなことやこんなこと。
    昨日の事のよーです。

    今年も手を変え、品を変え、
    YAMAP込みの山行、満喫いたします。

    みなさま
    あたまユルユルのおぢちゃんですが
    ヨロシクお願いいたしやす。
  • 活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:高知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

笹ヶ峰・赤石山

2015/10/19(月) 12:00

 更新

歩いて帰ろう 大座礼山〜鉄塔広場周回

公開

活動情報

活動時期

2015/10/18(日) 08:22

2015/10/18(日) 14:56

アクセス:891人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,269m / 累積標高下り 1,408m
活動時間6:34
活動距離11.20km
高低差621m
カロリー2359kcal

写真

動画

道具リスト

文章

●アプローチ情報(要確認)
大座礼山登山口に至る県道6号線(高知伊予三島線)は昨年から県境付近道路崩落のため通行止めになっています。
登山口から約7km手前(高知県側)でコーンとポールで規制の柵が作られていました。
工事関係者等の話しによると柵をどけて元に戻すなら登山口までは通行してもよいとのこと。
最近も何組かのパーティが登山口まで車で行って登られていたそうです。
通子止めと看板が出ていないので登山目的なら問題はないので、通過後は必ずコーンを元に戻してください。

●登山道情報(要確認)
今回の鉄塔広場分岐周回ルートは下山後に崩落現場を通過しなければならないのでオススメできません。
昨年、自分が通ったときは徒歩でなら崩落現場を迂回できたのですが、現在工事箇所がかなり広がっているため危険。
作業中に通過させてもらうとなると現場の方々にご迷惑になります。
今回は、工事が休みだったためにやむなく無許可で通過させていただきました。
周回ルートを希望される方は太田尾越へ下山するルートをオススメします。


昨年の秋に紅葉目当てで大座礼山に登ったが、とんでもなく短い秋だったため空振り。
今年こそはとリベンジ登山。
昨年の秋を棒に振ってしまった、しばてんさんと共に紅葉山行にでかけた。
途中、登山口まで7kmの舗装道歩きを覚悟する場面もあったが、運良く工事関係者の方に情報をいただいて登山口まで車で乗り付けることができた。
幸先いいぞ。
空は抜けるように青く、少しひんやりとした空気が気持ちイイ。
さて行きますか。

■ノーマルとアブノーマルと
登山口からは四国の山にありがちな少しきつめ急登が続く。
植林と自然林の混じる登山道に陽が射してくると、途端に暖かくなってくる。
ソフトシェルで登るのにはまだ早いようだ。
斜度が落ち着いてくると、木々の間から黄色や赤がチラホラ見え始めリベンジ成功の期待が高まる。

2回ほどの徒渉すると大北川の源流点を通過。
しばらく進むと大座礼山通常登山コースという案内が目に入った。
「通常」ということは「異常」なコースもあるのか?と言うことになり、辺りを見渡すと何やら登って行けそうな雰囲気。
地図で確認すると山頂へ直登のルートらしい。
が、ただでさえ訪れる人の少ない山のバリエーションルートで踏み跡など期待できない。
しかし、その困難さにしばてんさんのM魂点火。
ノーマルとアブノーマル二手に分かれて頂上を目指そうということになった。
これはこれで面白いかもしれない。

■遊歩道と藪漕ぎと
変態ルート分岐からは、遊歩道のような登山道が続き、辺りも色付いてくる。
こうなると煩悩全開。
進んでは撮り、撮っては進み。
中々、前に進めない。
去年の憂さをこれでもかと晴らしつつ巨大ブナ群の色づきを堪能させてもらった。

四国一の巨大ブナとも一年ぶりに再会したが葉をつける力もなくなっているようで、あとどれくらい保つのか心配になる。
堂々とした頼もしい姿が見られるなくなるのは寂しい、何とかできないものか。

参考タイムを大幅にオーバーして山頂に到着。
しばてんさんが待ってやしないかと、辺りを見渡すが人影無し。
どうやら随分手こずっているようだ。

地形を確認にして登ってこられそうなポイントに移動すると、ほどなく
バキ!パキパキ!と枝を折る音とともにしばてんさん合流。
案の定、ルートの90%以上が急登藪漕ぎの変態ルートだったらしい。

四国にまたひとり、どM登山者が誕生した。

■尾根と鉄塔と
山頂から三ツ森山方面へは尾根道がずーっと続く、尾根フェチしばてんさんにはたまたらんルート。
紅葉もまだまだ楽しめる雰囲気で、緑から赤のグラデーションが目を楽しませてくる。
尾根通しの登山道は急なアップダウンが続くため、落ち葉に足元をすくわれるぬよう尻餅要注意。
ルート途中には何カ所か展望場があり、気持ちのイイ風景が広がっている。
振り返ると緑、黄色、赤のモザイクになった大座礼山。
今年はイイ時期に登ってこれたようだ。

何回目かのアップダウンの後、鉄塔広場に到着。
ほぼ同時にお昼のサイレンが辺りに鳴り響く。
さあ!昼飯だ!
まずはノンアルで乾杯を忘れちゃいけない。
本日は、久しぶりのホットサンドにオニオングラタンスープ。
香ばしい香りが食欲をそそる。
やっぱ山ホットサンドは旨い!

■林道と舗装道と
下山は鉄塔保線道を下り、林道へと至る。
概ね気持ちのイイ登山道に見所満載の大座礼山の周回ルートだが、ここから先数キロの林道&舗装道歩きが玉に瑕。
未舗装の林道はまだマシだが、舗装道はやはり辛い。
今回はふたりで紅葉も楽しめたので昨年よりはマシだった。

崩落現場も昨年から工事しているが、復旧時期は未定。
工事現場も大規模なモノになっており、作業中の通過はかなり迷惑をかけそうだ。
今回は休みだったので何とか通過できたが、復旧するまではこのルートでの山行は控えよう。

最後の舗装道歩きはうんざりだったが、一日中晴天で申し分ない紅葉登山だった。
さて、少し大回りにはなるが、木の香温泉で汗を流して帰りましょう。

次は再びあの山からお呼びが。
さて、どのルートで登りましょ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン