YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

平標山は雨だった

ちゅうさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:丹沢がホームタウン。YAMAPに出会い還暦までハーフ百名山登頂(50座/100)を目標に登山再開したアラカンです。体力維持で里山ウォーキング日記等もアップしています。よろしかったらご覧になって下さい。
    高山植物勉強中♪( ´▽`)
    自然と写真と土木構造物が好きだ(*^^*)
  • 活動エリア:神奈川, 東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2015/10/19(月) 02:24

 更新

平標山は雨だった

公開

活動情報

活動時期

2015/10/17(土) 06:47

2015/10/17(土) 12:11

アクセス:257人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,347m / 累積標高下り 1,348m
活動時間5:24
活動距離10.32km
高低差1,015m

写真

動画

道具リスト

文章

今回は新潟出張です。越後湯沢で一泊追加して平標山へ行って来ました。
登り始めは曇ベースながらも青空がチラホラ見える程度でしたが、だんだんガスって来て、途中から雨降りとなってしまいました。
平標山の山頂では本降りで風も強く、予定していた仙ノ倉岳のピストンは当然パス・・・稜線の草モミジの向こう側に広がる絶景を想像しつつ、平標山の家方面へ下りました。

小屋周辺は紅葉のピークで、雨に濡れた紅葉もまた美しく、温かい一杯の珈琲がお腹に沁みました。今回、下りに利用した平元新道は、良く整備されていますが丹沢並みの階段コースでした。

林道も終わりかけの所で、堰堤に溜まった池に水没林が出来ていました。北海道美瑛町の「青い池」と同じ成立ちですね。こちらは青くはありませんが、木影が水面に映って独特の景観となっていました。駐車場からも近いので一見の価値ありと思います。

【危険ヶ所】
特にありません。
平標山の山頂は広いので進む方向を間違えないようにして下さい。山頂の道標は老朽化で読めません。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン