YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

竹の古場(たけのこば)~思い出の場所

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、忘却
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり
    目標=3年間山歩きをつづけるつもり
    単独超低山超無名山歩き愛好家のつもり





  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

黒髪山・青螺山

2015/10/22(木) 22:11

 更新

竹の古場(たけのこば)~思い出の場所

公開

活動情報

活動時期

2015/10/22(木) 13:50

2015/10/22(木) 14:59

アクセス:268人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 735m / 累積標高下り 744m
活動時間1:09
活動距離13.34km
高低差388m
カロリー417kcal

写真

動画

道具リスト

文章

少年時代、カツヒロやトッチャンやヒサシやテルチャンらとよくのぼった竹の古場。
10才の頃から、竹の古場まで走ったり歩いたり、途中の空き地で休んだりしながら、よくのぼった。

自宅から歩いて行けるのは竹の古場だけだったので、名前は何々山ではないが、国見連峰のテッペンなのだ。

最初の記憶はないが、2才か3才のころ、オヤジ、オフクロと3人でのぼったことがあるとオフクロから聞いたことがある。帰りは疲れて眠った俺をオヤジがずっとおぶって下山したそうだ。
竹の古場麓の福川内という村落についたころに目を覚ました記憶があるんだ。2才か3才の記憶だが、不思議とはっきりおぼえているんだ。

竹の古場には学校の遠足でもきていたし、村の子供会の遠足でも来ていた。
5月にはツツジ祭りがおこなわれていた。ツツジの女王を決めるという美女コンテストみたいなのを見た記憶もある。

展望台からは、ふるさと楠久津が一望できる。
やはり、オヤジとオフクロのことが思い出され、少し感傷的になった。

オフクロが死んでから3年たつから、最後に竹の古場にきたのは、オフクロと二人できた。まだ、病気になる前だから5年くらい前だったのだろうか?
オフクロはオヤジとの思い出の場所にいくのをすごく喜んでくれた。

オヤジと二人でもきた記憶がある。オヤジが死んで13年だから、15年前くらいだろうか?

竹の古場の展望台に立つとオヤジとオフクロのことばかりになってしまった。

誰もいない展望台から何枚も下界の写真を撮った。
俺60才。そんなに先は長くない。今を精一杯生きよう!そんな気持ちが去来するひとときであった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン