YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨乞岳・鎌ヶ岳(武平峠よりピストン)

EIZさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ストレス発散+体力つくり。2014年8月に職場メンバーに連れられ?富士山登頂してから、山登りにはまりかけています。ソロ活動が中心ですので、無理せず、永く続けられればと思っています。
  • 活動エリア:岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2015/10/24(土) 22:16

 更新

雨乞岳・鎌ヶ岳(武平峠よりピストン)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/24(土) 08:00

2015/10/24(土) 16:00

アクセス:251人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,813m / 累積標高下り 1,807m
活動時間8:00
活動距離11.78km
高低差422m
カロリー3495kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 昨晩は、仕事のOB会で湯の山で宴会→宿泊となった。これを機に鈴鹿セブンマウンテンを攻めるべく、2次会も遠慮?し、体力の温存を図った。今朝は、7時に朝食をとり、旧鈴鹿スカイラインをあがり、7:30過ぎに武平峠付近に到着した。滋賀県側の駐車スペースは既に満車だったので、Uターンして三重県側に駐車した。御在所の中道登山口辺りの駐車スペースは満車で路駐もあったが、武平トンネル手前は、まだまだ空きがあった。ここはトイレもある(使用していないので整備状況等は不明)。
 着替え&準備を済ませ、活動開始。まずは、雨乞岳を目指すことにした。トンネル手前で右に入り、武平峠を目指す。武平峠から滋賀県側に降りた。後で気づいたのだが、トンネルを抜ければよかった。気分を入れ替え、雨乞岳の登山口①からスタート点。GPSの銚子が悪く、現在地が表示されないが、多くの登山者がいたので、何とかなると思い、GPSを期待せず登坂開始。道標はところどころにある。テープを目印に進んでいく。チェックポイント?の③~⑥あたりは、ところどころルートを見失いそうになったが、冷静にテープを探しながら登り続けた。⑦から山頂までは、まず迷うことはない。⑧~東雨乞岳→雨乞岳は、笹藪メインの一本道である。東雨乞岳山頂は、スペースは広く、視界も開けているが、雨乞岳山頂は、狭く、視界は限られる。GPSが機能しなかったが、8:09に武平峠登山口①をスタート、東雨乞岳:9:38、雨乞岳:9:47着。10分程の小休止をとり、10時に下山開始。周回ルートもあるようだが、GPSが機能していなかったので、往路を戻ることにした。登山口付近で迷走したが、11:38に登山口に着。体力に余裕はなかったが、時間に余裕があったので、二座目の向かうことにした。武平峠に登り(11:45着)、県境稜線縦走路を進む。膝とふくらはぎにダメージがきていたので、紅葉を眺めながら休み休み登る。12:31に鎌ケ岳山頂に到着。雨乞岳とは違って、とても賑やかであった。三角点を探したが、見当たらなかった。やや遅めの昼食(パン&コーヒー)をとり、一息ついて下山開始。膝の痛みを我慢しながらのつらい下山となった。登山者が多く、ところどころで渋滞したのが、休憩になってよかった。13:40に無事、駐車場に到着。これで鈴鹿セブンの3つを完了。近い内に藤原か釈迦を攻めたい。
 本日の山行では、朝の鈴鹿スカイラインで猿をたくさん見かけたが、登山中に動物を見かけることはなかった。人気?の鈴鹿セブン&紅葉シーズンということで、沢山のハイカーがいた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン