YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

山登りの成果とおまけの姫路城

秀とろさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:中2の息子、小4の娘(2018年度)、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。


    ※2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    (実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)をたまに記録しています。
    ※ただし、長い休憩は分子に含めてません。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    18/6/17 レベル再編成
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。レベル1分くらいの誤差はあると思います。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・以下の難易度は必ずしも危険度に比例しません。低難易度でもちょっとしたミスが致命的になることがあります。

    Lv.1:手を使わずに歩ける
    高尾山 全ルート(東京)、六甲山 魚屋道 シュラインロード アイスロード、木曽駒 千畳敷カールから中岳経由、ダイヤモンドトレイル、剣山 見ノ越ルート、三嶺 名頃ルート

    Lv.2:手を補助的に使う必要あり
    至仏山 東面登山道、六甲山 小川谷、木曽駒 中岳の巻道

    Lv.3:三点支持ができることが望ましい、普通の鎖場
    空木岳 大地獄・小地獄、伯耆大山 ユートピア、岩殿山 稚児落とし方面(山梨)、六甲山 山羊の戸渡 道畔谷東尾根バリルート 南北ドントリッジ、宝剣岳 北稜、由布岳 東登山道

    Lv.4:三点支持に慣れている必要あり、高度感のあるところも
    六甲山 芦屋地獄 AB懸ルート 荒地山ボルダー巡り、宝剣岳 南稜、槍ヶ岳 槍の穂先、空木岳-桧尾岳間、後立山 八峰キレット 牛首

    Lv.5:通常の地図に載っている中では最難関レベル
    六甲山 西山谷、剱岳 別山尾根、石鎚山 三の鎖・試しの鎖、後立山 不帰嶮、由布岳 御鉢巡り

    Lv.6:ここから先は趣味の世界、岩岩ルートが好きな人のみ、以降難しさが一段上がったと私が感じたらレベルを+1
    六甲山 道畔谷中俣、菊水ルンゼ、金峰山 五丈岩

    Lv.7:六甲山 A懸岩 岩ヶ谷 水晶大滝、鳳凰三山 オベリスク頂上岩

    Lv.8:六甲山 ハチノス谷 高座川遡行 ブラックフェイス プロペラ岩右側

    Lv.9:六甲山 プロペラ岩真ん中らへん

  • ユーザーID:71206
    性別:男性
    生まれ年:1978
    活動エリア:兵庫
    出身地:神奈川
    経験年数:10年未満
    レベル:公開しない
  • その他 その他
姫路市・龍野市

2015/10/28(水) 12:46

 更新
兵庫, 香川

山登りの成果とおまけの姫路城

活動情報

活動時期

2015/10/24(土) 16:13

2015/10/24(土) 16:13

ブックマークに追加

アクセス

438人

文章

運動神経もかけっこも人並みな息子。

でも、長距離なら、
小1のとき地元の花火大会会場まで7キロ休まずに走りましたし、
一緒に4,5キロ走っても私が親父の意地で辛くも勝てるくらいですし(私は長距離苦手です)、
結構得意なのではないかと思ってました。

保育園の年長から始めた山登りのお陰で、長距離だけは得意になったのだと、そう信じていました。

そして、神戸市の小学生が集まって行われる陸上競技大会、息子は1500m走の5年生学校代表になりました。といっても、人気のない競技だったようで校内選考なしで2名の枠の中に収まった訳ですが。

最近の小学校は体育で長距離走をやらないらしく、今回がはじめて息子の実力を測る機会です。わりといい線いくんじゃないかと、期待しながら迎えた大会当日10/24。


...夢は見事に打ち砕かれました。


一緒に走った組の中で20人中13位。タイムは6分16.5秒。全然速くありませんでした。

因みに同組で1位の子は5分10秒切ってました。これには驚きました。全盛期の私余裕で負けてます。しかも、先頭集団のスピードは、最初の半周ほぼ息子の全力疾走レベルでした。

しかし、息子によると練習ではいつも7分台だったそうで、本番はかなり頑張ったようです。

長距離走が得意という期待は打ち砕かれましたが、山に登っていなかったらきっと息子はびりだったでしょう。むしろ大会にエントリーすらしなかったかもしれません。

やっぱり山登りの成果はそれなりにあったのだと思います。


会場を後にした我々は、妻の両親に姫路城へ連れて行ってもらいました。

姫路城は見るのも初めてでしたが、世界遺産の名に恥じぬ見事な城でした。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間0分
  • 活動距離活動距離0m
  • 高低差高低差0m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り0m / 0m
  • スタート16:13
  • -
  • ゴール16:13

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン