YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

富良野岳登山。

山爺さんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:北海道の山に登って5年目!まだまだ初心者!そろそろ無雪登山の始まです
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:北海道
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

十勝岳・富良野岳・美瑛岳

2014/08/01(金) 00:54

 更新

富良野岳登山。

公開

活動情報

活動時期

2014/07/29(火) 08:00

2014/07/29(火) 16:03

アクセス:246人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,636m / 累積標高下り 1,645m
活動時間8:03
活動距離10.02km
高低差652m
カロリー4566kcal

写真

動画

道具リスト

文章

7月29日に仲間3人で富良野岳に行きました。我が家を5時に出るつもりだったけど、5時40分になって出発。凌雲閣の駐車場に7時30分に到着。身支度をして8時10分ころにアタック開始PM2.5が心配だったけど、視界もそれほど悪くなく安政火口下まで行き休憩。そこからカミホロ分岐を右に行き岩の多い登山道を進み、沢を三つほど渡り休憩ポイントに。チングルマが見事に咲いていました。そういえば木の階段のところに熊さんの〇ンチがあって、ちょっと冷や汗。上りで写真撮らなかったから、下りでパチリ。一昨年の岩崩れのところに足跡も発見!でも結構な人数が上っているので心配はなさそうです。んで三段やま分岐の尾根に。休憩をしていざ頂上へ。木の階段が続く。途中チングルマの綿毛、など花を楽しみながら頂上に。ちょっとかすんでるけどまあまあの視界。初心者の友達はさぞかしきつかったと思います。頂上で30分位休んでいざ下山。登りもそうだったけど、下りではなおさら後ろからの靴音がだんだん遠のいていくのがわかる。振り向くとだれもいない。こりゃ~もっとゆっくりと降りなきゃ。途中のわき水?でのどを潤して、さらに降りて行くとまた足音が聞こえなくなる。さらにゆっくりと降りる。なんか足が前に進まなかったそうです。私も2回目位まで、ちょうど8Kmを過ぎると足が前に行かなくて3分の1歩づつ進んでいたことを思い出し、さらにゆっくりと降りました。なんとかPまでたどり着いた友人!さぞかしつらかったと思います。懲りずにまた一緒に登ってくれることを望んで今回の登山が終了。帰って登山靴の手入れおして、飲み会に出て結局2時まで飲んでました。次の日に山の上で出会った方を、我が家の近くのバラ公園にご案内!還暦近しの山爺さんいつまで体力がもつか・・・・・

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン