YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

日御碕から高尾山へ

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2015/10/25(日) 22:10

 更新

日御碕から高尾山へ

公開

活動情報

活動時期

2015/10/25(日) 12:13

2015/10/25(日) 17:07

アクセス:461人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,479m / 累積標高下り 2,489m
活動時間4:54
活動距離14.21km
高低差381m

写真

動画

道具リスト

文章

本日は、祖父の墓参り。最近は、ほとんど誰も行かなくなったので、半年に一回は、掃除しに行っています。
日御碕神社の近く、小高い丘の上へ登る。大昔から続いている墓所なので、数百年前の欠片になった墓石などあちこちに落ちています。掃除を済ませた後、墓地の奥深く進んで行くと、開けた場所に、不思議な形の墓石がいくつも点在。(最初の写真の墓石)日御碕神社宮司さんの代々お墓です。最初にここへ来た時は、良からぬ場所に足を踏み入れたのかと勘違いしたほど不思議な雰囲気の場所です。
一番奥に鎮座しているひと際大きなお墓、写真を撮るのにためらっておりましたが、手を合わせ「撮らせてください」とお願いしました。真新しい墓石には97代XXXとあり、97年前?(×_×)、いやもっと昔から続いている墓所だと分かります。
その奥にフェンスがあり、さらに続く小道が見えました。XX神社と書いてある。行って見たいが、やばい場所ではなかろうか、でも行って見たい。フェンスを開けようとした時、枯れ葉が2~3枚頭へ落ちてきた。ドキッとした。風が吹いただけか?。そのまま道へ進んで行った。少し行くと、広い場所に出た。「月読神社」と書かれた石碑と、さびれた社があった。周囲は荒れていて、人がほとんど入らないと感じる。おっと、倒木が!神妙な気持ちのまま、処理した。さらに鳥居をくぐり、裏白が茂る小道を登って行った。ちょっとしたビーク地点に、小さな社があった。霊感は無い私だが、妙な気持ちになる。祭壇に手を合わせようとした時、腰に付けていたゴミ袋が浮き上がる、風?、びっくりして後ずさり。気を取り直し拝んだ後、何となく帰りたくなった。下山する。少し下った道の真ん中に一本の笹が生えており、そうか、何もお供えしていない、滅多に人が来ないから、これをお供えしてあげよう。同じようなサイズの笹を2本取り、引き返して、お社にお備えした。私の行動は気の向くまま、無礼でしたら、ごめんなさい。さらに下り、脇道が見えたので、ちょっと入ってまたびっくり。こけしの様な形をしたお石が木を持って歩いているように見えた(写真)何の為に!もうここら一帯は気味の悪い所だらけ。さっさと、お墓地帯を降りた。

昨年、Yamapで高尾山へ登ろうとしたが、間違えて海岸地帯へ進んでしまった経緯があり、今度は本当に山へ登るぞと意気込む。宇竜の集落を通り過ぎ、山道へ入った。苔の生えた石,ガレ場の道を進むと、倒木があった。仕事だ!、ノコギリで次々と枝を解体し、作業完了。さらに進むと、また倒木があった。松の木を切断した。集落から山頂へ続くこの道、戦時中、砲台を作る材料を、小学生が運搬したのだ。(私の伯父から運んだ話を聞いた)大変だったろうな。ついに山頂に到着。山頂は、コンクリートの砲台跡だ。
景色を眺めると、遠方に日御碕灯台が見える。主砲発射準備、標的は灯台(宇宙戦艦ヤマトのノリ)。

下山開始、拾ったゴミ袋がパンパンで、まるで、綿菓子を腰に付けて喜んでいるおっさんの様だ。集落まで降りた。昔(私が小さい頃)、確かこの辺に手掘りのトンネルがあったが、探しても見つからない。暗くギザギザした洞窟の中には、所々に横穴があったのを覚えている。その尾根を新しい道路が貫いていた。丘を登る道を見つけ、何となく歩いた。標高50mの尾根には、畑や果実の木が植えられていた。以前は、海岸の岩を飛び越えて行かないと隣の湾まで行けなかったのだが、道路をちょっと歩いただけで隣の集落に出た。丁度、いらっしゃった人に聞いてみた。やはり、トンネルは塞がれて無くなっていた。いつごろ塞がれたんですか?残念!。

海岸線の道をたどって日御碕灯台を目指す。低い道路は高波をかぶり、波が引いた時を狙って通過する。海水浴場を通過し、灯台手前からは、岩場に造られた遊歩道に入った。観光客がチラホラ。出雲大社より、この海岸がおすすめだが、すこし遠いので、なかなか人が来ない。流紋岩の柱状節理で綺麗な岩場の上から、迫力ある海が見える。灯台は明治に作られ、ラセン階段100段以上を登り、展望台は一周できます。海から63mの高さは日本一。灯台の展望台からの風景を紹介しようと思っておりましたが、閉館しており入れませんでした。m(_ _)m

さらに海岸線を進み、日御碕神社に戻って来ました。中には2つの神社、昼を祭る神の宮(神素盞嗚尊)と、夜を祭る日沈の宮(天照大御神)が別々の建物で、一か所に祭られています。赤色でけっこう大きな建物ですが、このへき地でどうやって管理しているのか、私の賽銭は、それぞれの神社へ10円ずつしか入れていません。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン