YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

釈迦ヶ岳(朝明→庵座谷→山頂→猫岳→ハト峰→朝明)

EIZさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ストレス発散+体力つくり。2014年8月に職場メンバーに連れられ?富士山登頂してから、山登りにはまりかけています。ソロ活動が中心ですので、無理せず、永く続けられればと思っています。
  • 活動エリア:岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

釈迦ヶ岳(鈴鹿)

2015/10/31(土) 11:43

 更新

釈迦ヶ岳(朝明→庵座谷→山頂→猫岳→ハト峰→朝明)

公開

活動情報

活動時期

2015/10/31(土) 08:29

2015/10/31(土) 11:41

アクセス:222人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,860m / 累積標高下り 1,955m
活動時間3:12
活動距離12.21km
高低差678m
カロリー1248kcal

写真

動画

道具リスト

文章

先週に続いて鈴鹿セブンマウンテンをターゲットに選定。悩んだ末に釈迦ヶ岳を選んだ(理由なし)。予定より出遅れたので朝明キャンプ場の駐車場についたのは、8:20頃だった。70台位駐車可能との情報を得ており、余裕だと思っていたが、自分が駐車後、残り僅か数台という盛況ぶりであった。駐車料金500円。
着替え&準備を済ませ、活動開始。駐車場の脇の登山口からスタート。5分程で庵座谷登山道と中尾根登山道の分岐にでた。滝を見たいのと直前のパーティも庵座谷方面に向かったので続くことにした。いきなりの沢渡りでどこを渡るのか迷った。なぜか最初だけがわかりつらかった。テープと踏み跡を頼りに登っていく。小峠が登山口から2/6地点の標識があったが、1/6、3/6~5/6は、気付かなかった。無いのか、自分の注意力散漫かはわからず。滝は紅葉と相まってキレイであった。途中岩登りを経て、分岐で中尾根に向かうことができたが、釈迦ヶ岳に進んだ。その後はかなりハードなルートであった。三点支持での岩登りポイントがある。急登を登りきると釈迦ヶ岳最高点に到着。ここから5分程度で釈迦ヶ岳三角点に到着。少し離れた点で小休止。猫岳を経由しハト峰に着。風が強く帽子を飛ばされそうになった。谷コースで下山、道中、林道コースと合流、最後は舗装道を朝明キャンプ場まで降り、本日の山行終了。鈴鹿セブンの4座目制覇。次は、藤原岳か竜ヶ岳を攻めたい。本日も人気の鈴鹿セブン&紅葉シーズンということで、沢山のハイカーがいた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン