YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

おれはまだグンマを知らない…シリーズ上毛三山②妙義山、白雲山周回(妙義神社~大の字〜奥の院~相馬岳〜バラ尾根〜堀切)

山の上のまっちゃんさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:山貧県の千葉から、車や電車を駆使して頑張って山に通っています。
    山歩きを通じて、自分と向き合うとともに、自然、ひととの交流を楽しみたいのです。

    <近況>
    ワカン買いました。
    ピッケル買いました。

    <特徴>
    日曜、月曜、日帰り多。
    たまに小屋泊、テント泊。

    ミニマリスト。といえば、聞こえはいいが、荷物を軽くして楽に歩きたい、高い山装備を揃える金がない、だけか・・・

    景色、山メシ、温泉重視。

    沢、岩場、細尾根、荒れた山道、稜線、冒険要素、行き当たりばったり登山が大好物。

    足が短いので歩みは遅く、高い段差は苦手。

    タイツは女子がはくもの、ポールはスキーで使うもの、という先入観の元、タイツとポールは使用しない。

    <登るメモ>
    岩:二子、伊豆ヶ岳、大山三峰、十二、大岩・碧岩、ヤビツ~
    雪:薬師、焼岳、谷川、磐梯、西吾妻、会駒、権現
    他:愛鷹、三浦アルプス、檜洞丸〜

    上記以外。
    ①唐松、五竜、鹿島槍
    縦走出来たら最高だけど、どっか一つだけでも!
    ②表銀座~槍
    去年天気悪くてぽしゃった。今年こそは。
    ③劔岳
    岩場好きとしては行っておかないと?
    ④南ア南部
    南ア好きの地味好きとしては行っておかないと・・・
    ⑤水芭蕉最高の時の尾瀬
    ここ2年、時期を外しているので。小屋泊で。
    ⑥離島の山
    よくわからんけど、三原山とか。
    ⑦九州の山
    行ってみたい。
    ⑧北海道の山
    行けるかも。
    ⑨会津駒
    駒の小屋に行く!できれば泊まる。
    ⑩くろがね小屋
    もはや山ではない。
    ⑪赤岳鉱泉
    ステーキ狙い。
    ⑫蝶が岳
    行こう行こうと思っていけなかったとこ。テン泊で。
    ⑬栗沢山
    宇多田ヒカルになりに。
    ⑭山百四天王
    ほったらかしだった。あと3つ倒しに。
    ⑮ジャンダルム
    天使に会いに。リアル天使にならないように慎重に💦
  • ユーザーID:544513
    性別:男性
    生まれ年:1975
    活動エリア:山梨, 栃木, 群馬
    出身地:東京
    経験年数:10年以上
    レベル:初心者
  • その他 その他
妙義山・天狗岳・相馬岳

2018/06/02(土) 18:24

 更新
群馬, 長野

おれはまだグンマを知らない…シリーズ上毛三山②妙義山、白雲山周回(妙義神社~大の字〜奥の院~相馬岳〜バラ尾根〜堀切)

活動情報

活動時期

2018/05/15(火) 08:53

2018/05/15(火) 15:27

ブックマークに追加

アクセス

731人

文章

5/14PM8:32
「八ヶ岳ってこの時期どこがオススメ?」
頼りになる山友にLINEする。
今日の用事もあらかた片付いたわたくしは明日の準備に余念がなかった。
でも明日行くつもりなのは、八ヶ岳ではない。


妙義山だ。


でも、まだまだ時間があった。
最後の最後まで情報収集。
これは山男として当然のことである。
明日行く妙義山の情報収集しなさいよ、という声は無視して。
半ば現実逃避のようだ。

妙義山縦走は今年の目標に据えた。
それから早5ヶ月。
今年の目標は何一つ達成されていない。
こんなことだから、職場でもいじられキャラなんじゃないのか?
もう、明日妙義山に行くしかなかった。明日行けなければ、またしばらく行けない。
八ヶ岳情報はしっかり入手しつつ、荷物も用意周到、目覚ましをセットして眠りについた…



寝坊した!

3時半にセットした目覚ましはいつの間にか止まり、5時になっている。誰だ!勝手に目覚ましを止めたやつは!!
急いで出てきたので、バスタオルを忘れ、温泉では、まったく吸水性のない手ぬぐいでカラダを拭くことになり、ドライヤーでカラダを乾かす羽目になったが、そんなことより、早く登山口に着いてスタートせねば、また、ヤマップの皆におれのスタート時間の遅さを苦笑されてしまう!!

禁じ手の高速を使った。妙義山は高速のICから近いのが救いだ。
予定より1時間ほど遅くなったが、ヤマップ起動して、スタートだけして、トイレをゆっくりして出発だ…!

※※※※※※
結果的には表妙義の半分しか縦走してないことになるのかな?
まあ、でも、鎖と岩場は堪能したし、怪我なんてしたらバカバカしいので、初めてとしてはOK!
わたくしは、現時点で、岩場登攀の経験多くないし、安全対策はヘルメットくらいなので、無茶なことはできません。
岩稜帯歩きは割りと大丈夫でした。
両神山とすぐ比べてしまうのだけど、登山始めたてで経験・装備・時間不足で行った両神山の方が余程厳しかったです。
ただし・・・
⚠手や足を滑らせたら転落して、大けが、死亡の恐れのある箇所を多数通りました。安全対策はしっかりしましょう⚠

⚠相馬岳からバラ尾根までの斜面は意外と岩を落としやすいです。落石注意⚠

ヒルには出会わなかったけど、いるらしいです。ヘビ、サルには出会いました。
⚠ヘビやサル対策も考えておきましょう。⚠

虫多いです。
虫除けスプレーは必須。

温泉はもみじの湯に入りましたが、峠の湯がキレイとおっちゃん達が話してました。どこか分からないけど、次はそこにしよう。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間34分
  • 活動距離活動距離7.57km
  • 高低差高低差696m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,170m / 1,143m
  • スタート08:53
  • 3時間6分
  • 白雲山11:59 - 11:59 (0分)
  • 34分
  • 妙義山(相馬岳)12:33 - 13:11 (38分)
  • 2時間16分
  • ゴール15:27
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン