YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

信州百名山 南木曽岳

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

南木曽岳

2015/11/01(日) 22:53

 更新

信州百名山 南木曽岳

公開

活動情報

活動時期

2015/10/31(土) 08:05

2015/10/31(土) 14:04

アクセス:624人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,019m / 累積標高下り 1,053m
活動時間5:59
活動距離6.11km
高低差721m
カロリー2399kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、yamapのかずゆきさんのお誘いで、南木曽岳に行ってきました。
南木曽岳はyamapの活動記録も多く、沢山の人が登る人気の山です。家からも近く、信州百名山にも入っているので、登って見たい山のひとつでもありました。

7時に一緒に登るかずゆきさんと合流
7時40分 駐車場に到着。
駐車場は2か所あり、上の駐車場が空いていたのでこちらに停めました。下の駐車場も10台近くはあったと思います。
登山届を記入していると、下の駐車場から二人の男性が登ってきました。一人方は、どこかで拝見した記憶が・・・
あっ!yamapの方でキヨちゃんさんです。阿智セブンサミットの記事を読んだので覚えていました。
100%そうかは自信がなかったのと、無名な私が声を掛けてもと考えている間に登って行かれたました。
yamapの方と出会ったのはこれが初めてです。いつかまた何処かで会うこともあるはずです、その時は声掛けます。

8時10分 出発
車止めから右に近道があったのですが気が付かず直進、しばらく林道をテクテクと歩きます。

20分程歩くと登山道に入る分岐があります。

8時50分 登りと下りの合流に到着。
ご存知方は多いと思いますが、ここの蘭コースは、一方通行になっているので登りと下りの道があります。
合流のすぐ上には金時ノ洞窟があります。金時とは酒田金時 金太郎の事です。なぜ木曽に金太郎がと思いますが、この地にも金太郎伝説があるそうです。多分こじつけですw

金時ノ洞窟を過ぎたあたりから、道は急登に変わり、そのまま頂上まで急登は続きます。

9時 喉の滝 到着
説明看板によれば、滝壷にたまった水は、川として流れず、全て地中に吸い込まれて無くなるので、喉の滝といわるようです。
ただし、今は渇水期で水は全然流れていませんでした。

9時7分 金明水 到着
水場ですが、渇水期で水は湧いていませんでした。

9時24分 高野槇林 到着
高野槇(こうやまき)樹皮の見た目ほとんど杉と同じですが、葉っぱが全然違い、どっちかと言えば松葉に近いように思います。
日本と韓国済州島しか無いそうで、日本でも自然林として残るのは珍しいようです。

10時5分 かぶと岩 説明看板 到着
説明文を読むと多分あのニョキニョキと出ている岩がそうだろうと思うんですが、流石に兜をイメージする事は無理かな、これもこじつけかなw

10時36分 南木曽岳 1679m 頂上 到着です。
回りは樹木に覆われ、展望は全くありません。
広場には、大きな木の椅子があり、夏の暑い日には木陰で休むには丁度良さそうですが、今日はとても寒くて先を急ぎます。

少し歩くと右手の大岩に 南木曽嶽山大神 神社があり、左側には展望台があります。
展望台からは、御嶽山がドーンこれは見事です。残念ながら乗鞍岳は雲に隠れてしまいましたが、木曽方面の山々が良く見えます。

また先に進むと、赤い屋根の避難小屋が見えてきます。
その先にも展望台があり、中央アルプスの山々が目の前に現れます。
広場には大きな岩が点在していて、先着の皆さんがそれぞれ岩の上で休憩しています。
私達もここでお昼ご飯にしました。

12時 下山開始です。
摩利支天に行く途中は南アルプスの方向が開けてきます。
岩の上には摩利支天が祀られていて、その先には大岩があり下は断崖絶壁、上に登ってみましたがかなりの高度感があり怖かったです。

下りは皆様のレボどおり、急な階段の連続で慎重に降りないとかなり危険な道でした。

14時10分 駐車場着  無事下山できました。

今回の南木曽岳、登り下りともハードでしたが距離が短めなので、丁度良いバランスになっているように感じます。
頂上付近では、御嶽山や中央アルプスが近くに見られ、また登って見たい山になりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン