YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

プチ冬山だった鍬崎山

JunJunさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 引きこもり系パソコンヲタクが、デジカメを手にしてからはカメラとレンズの沼にハマり、被写体を求めて街を徘徊するように。が、街の被写体を撮りつくし限界を感じていたところ、齢五十にして初めて地元の北アルプス立山への登山に参加。この時から山の美しさに目覚めて山の撮影の魅力にハマる。
     以降毎週お天気が良ければ北アルプス北部や、地元の山々をデジカメを持って徘徊するように。年老いても元気に街や山をデジカメを持って徘徊できるようになるため、トレーニングと食事にも気を使う健康ヲタクでもあります。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立山

2015/11/01(日) 19:06

 更新

プチ冬山だった鍬崎山

公開

活動情報

活動時期

2015/11/01(日) 06:16

2015/11/01(日) 12:49

アクセス:379人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,338m / 累積標高下り 1,341m
活動時間6:33
活動距離10.51km
高低差924m
カロリー3087kcal

写真

動画

道具リスト

文章

【アクセス】
 立山山麓スキー場のゴンドラはグリーンシーズンは11月3日までです。往復のゴンドラ乗車券と温泉入浴券とのセットは1,200円です。

【お天気】
 快晴

【感想/記録】
 5月に敗退した鍬崎山ですが、今年中にリベンジすべくギリギリのタイミングでしたが、お天気が良さそうな予報だったので行ってきました。立山山麓スキー場のゴンドラを使って標高1,188 mの山頂駅からスタートです。

 歩き出すとすぐに登山道に予想外にもチラチラと雪が積もってました。こんなに低い標高でも雪では山頂付近はさらに積雪があると予想され、軽アイゼンを持ってこなかった事を後悔。とりあえず行けるところまで行こうと、瀬戸蔵山、大品山とピークを超えて行きます。独標手前の鎖場は岩や鎖がちょっと凍りついて、滑るかなと思いましたが無事クリアできました。独標以降は雪が5センチほど積もって少しスリップしました。トレッキングポールが無いとキツかったですね。

 所々ある雪の積もった急傾斜はステップが分からず、スリップしつつも9時半頃に無事山頂に到着。今日の一番乗りでした。お天気は快晴で360度を見渡せる素晴らしい眺望が得られました。先週行って立山はさらに白く、積雪が多くなっています。頂上でお昼ごはんと思っていましたが、積雪で腰を下ろす場所が無く寒いので30分ほどで下山しました。

 頂上からしばらくは締まった適度な積雪だったので、ポールを使い順調に下山できましたが、独標を過ぎると雪が少なくなり、濡れた木の根、落ち葉、腐った雪と滑りやすい3点セットで、コケたりしたので慎重に下りたので下山のスピードが落ちましたが、大品山で昼食を食べて、無事下山できました。

【注意点】
 標高2,000メートル級の山も、もう冬山でした。今回は雪が少なくアイゼンは無くても大丈夫でしたが、軽アイゼンは持っている方が安心でした。これからは積雪も進み雪山装備が必要な白い世界になると思います。
 途中のぬかるみの泥を避けるつもりでゲーターを装着しましたが、予想外の積雪だったのでゲーターに助けられました。トレッキングポールも無かったら登頂できなかったかもしれません。下山時も滑ってコケまくっていた悪寒。下山時は風は無く気温が上がって汗だくになりました。ウェアの調整が難しいですね。

【コース状況】
 登山道の積雪は少なく凍結もなかったので特に危険な場所はありませんでした。登山口から鍬崎山の標高差は約920mですが、ピークをいくつも登り返すので、累積標高差は1,300m以上にもなり、室堂から立山の雄山の倍以上の標高差でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン