YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大山の東側を散歩

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大山(鳥取県)・甲ヶ山・野田ヶ山

2015/11/01(日) 21:12

 更新

大山の東側を散歩

公開

活動情報

活動時期

2015/11/01(日) 07:50

2015/11/01(日) 15:21

アクセス:619人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,204m / 累積標高下り 5,193m
活動時間7:31
活動距離36.41km
高低差1,142m

写真

動画

道具リスト

文章

土曜日は、子供の送り迎えに家事など活躍したので、嫁に「日曜日は1日出かけてもいい?」と聞くと、コタツに半分入ったサナギから、「あー」と聞こえた。やったー、朝から出かけられるぞ。
大山周辺で、1日歩けるコースを選定。皆様がよく歩かれているコースなので、ここで間違い無いんじゃない?。と、軽い気持ちで決めた。

朝5時に家を出発。大山の向こう側とあって、2時間もかかってしまった。下山予定地へ自転車を置いた後、船上山まで引き返したので、8時前にようやく登山開始となりました。紅葉も終わりに近づいたせいか、駐車場に、車はわずか。不思議と私の行く所には人が少ないのだ。

最近、急に寒くなったので、山頂では寒いと思い、多く着ていましたが、歩いていると、汗が出るわ熱いわで、ジャンバーを脱ぎ、リュックに収納。
船上山山頂からの縦走路は、なだらかな道が続き、平地のように進んで行った。しかし、勝田ケ山辺りにさしかかると、葉がとれた枝が、俺の顔をバシバシしやがる。紅葉も見られず、しかも枝にやられてる俺は・・・、確かに今の私を象徴しているかもしれない。
それに耐えながら、さらに進んで行くと、あ痛っ!何かで頭を打ったぞ(写真)、見ると幹が上からぶら下がっていた。「普通、幹は下にあるだろ!」って捨て台詞を残したが、危険を察知した俺は、帽子を取り、ヘルメットを装着した。ムチのような枝をヘルメットで受けながら進む。確か俺は紅葉を見に来たハズなのだが・・・。

大きな岩が多くなったと思った矢先、いきなり、ゴジラの背と呼ばれる岩だけの渡り道(写真)に出た。岩の上は、どっちを見ても遠景が楽しめるいい場所だ!。しばらく、岩にまたがって景色に見とれていた。ゴジラの背の最後の岩は大きくて、ロープをつかんでよじ登らないといけない。しかし、岩に足の引っ掛かりが無く、登りにくかった。私のロープを設置しようかとも思ったが、買ったばかりなので・・、やめてしまった。

ゴジラさんを通り過ぎた後は、細い尾根道になった。
次に現れた、矢筈ケ山からが、更にすごかった。矢筈ケ山頂上から先へ進んでいくと、岩のてっぺんに立っていた。(写真)この先、絶壁になっている。また矢筈ケ山へ引き返した。頂上で休憩しておられた方に、「道はどこですか?」って聞いたら、横の方を指さした。細い道を少し降りると、その下は、急な岩盤しか見えない。ええっここ?遥か下から登って来る人がいた。「石を落としてはまずい」と思い、進むのを休止。

さあ降りるぞ、急な岩場だったが、岩は火山岩なので、滑りにくく、ゆっくり下りれば大丈夫。少しずつ下りて行った。最下部には高さ5mほどの大きな岩があり、そこには頼りない木の根っこにロープがくくられていた。これに命をかけるのは嫌だ、自分でロープを出して下った。岩はクリアしたが、今度はどこへ行けばいいんだ。枝を張った低木に挟まれ動けなくなってしまった。偶然一緒に歩いていた人に、道はありますか?と聞くと、横へ伸びている道を発見された。私は、絡まった木の上を泳ぎながら、道へ出た。
やっと普通の道に出たが、さらに急登が続き、2つのピークを通過した。最後のピーク地点から、大山側への下山道へ入って行った。ずっーと下りが続き、避難小屋へ到着。沢山人が休憩しておられた。
ちょうど昼過ぎだったので、昼食を食べた後、寝転がって休憩した。

天気予報では、午後から崩れるとあったので、すぐに下山にかかった。
大山滝までの、下山道は落ち葉で埋め尽くされ、紅葉もまだ残っており、あっ、紅葉を見に来た事を思い出した。谷川沿いの長い下り道を歩くと、大山滝を眺めるちょうど良い広場があった。一番良いポイントに、人が座ってうどんを食っていた。「ごめんなさいよっ」って前を通過し、崖と大山滝を写真におさめた。また、「前をすみません」って通過すると、彼は、急いで熱いうどんを口に入れ始めた。私はその場をさっさと通り過ぎた。

だいぶん下った所に、「鮎返しの滝」って看板があったので、谷川に下りてみた。何ともない2段の滝だ。ちょっと川を下って見よう。大きな岩の上を歩いて行ったが、溶岩ドームのような岩(写真)の先は、川に入らないと進めなくなっていた。「あーあ引き返すしかないか」本当の道はどこだっけ・・・・と見上げると、ずーっと高い所に吊り橋があった。えっあそこまで登らにゃいかんの?道を駆け上がり、吊り橋を渡り、崩れた崖の工事道路を通過し、少し歩くと、登山口の一向平(いっこうがなる)へ着いた。

ここから、チャリで、船上山駐車場まで走らないといけない。ベンチで汗のシャツを着替え、ジャンバーを着て、いざ出発。最初は下り坂でよかったんだが、山を二つ超えないといけない。何の変哲のない上り坂のうえに結構急で、チャリを押して歩くのは苦痛なだけ。うー、今日の登山でここが一番キツイ。この舗装道路で遭難信号を出しても、駆けつけた警察に、不審者としてしょっ引かれてしまうだろう。何としてもこの山は超えなけれなならない。頂上が近づいた時、道端に、立派な角をしたカモシカのようなハクセイが置いてあった。「よく出来ているなあ」まじまじと見てたら、突然走り出した。やっと頂上を越え、下り坂、風を切って進む。目の前を、黒い動物が横ぎった。何だった?・・・、風を切ってさらに行くと、ニュージーランドのラグビーのような黒い服を着た、がっちり,丸坊主の外人が、上り坂を物ともせずに、自転車を漕いで来た。すれ違いざま、ニコニコしながら、手を振られた。うーん、この山は変なものが沢山出るわ。舗装道路に出た後、もう一山越え、やっと、車のある、船上山駐車場へ着いた。
まだ3時半、夕方までには家に帰られるだろう。ちょうど良い、一日分の山歩きでした。

帰宅後、昨日、私が洗濯した中に、ボールペンが入っていた。嫁のパンツにインクが付いていて、怒っている。来週の登山ダメかもしれない。

船上山駐車場 → 避難小屋 (徒歩)13.2km 4:13分
船上山駐車場 → 一向平  (徒歩)19.6km 5:58分
一向平 → 船上山駐車場 (自転車)16.8km 1:33分
yamapの軌跡なので、実際の距離は、もっと少ないと思う。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン