YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

前常念岳〜常念岳縦走1日目/三俣登山口より

chopstickさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:もっぱらアクセスはマイカーなので登山は駐車できるところが中心です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2014/08/04(月) 00:07

 更新

前常念岳〜常念岳縦走1日目/三俣登山口より

公開

活動情報

活動時期

2014/08/02(土) 05:39

2014/08/02(土) 20:04

アクセス:305人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,464m / 累積標高下り 1,343m
活動時間14:25
活動距離8.49km
高低差1,576m

写真

動画

道具リスト

文章

夏山本番ということで憧れの北アルプスに出撃。
上高地から挑むルートは人が多過ぎるし、自家用車で登山口まで行けないこともあり常念岳に三俣駐車場がら登るルートを計画。
当初は常念岳から蝶ケ岳を縦走し三俣駐車場に戻るルートを考えていたが、変更を余儀なくされることはスタート段階では考えもしませんでした。

大阪を23:30に出発し、三俣駐車場には5:00少し前に到着。すでに駐車場は満車状態で焦りましたが、なんとか空きスペースに車を停めることができました。
三俣ルートは水場がないのと急登が延々と続くという注意書きにビビりながらも、約2時間樹林帯を黙々と登ります。急登と眺望のない前半を我慢すれば森林限界を越えてからの岩登りが待っています。前常念岳までの岩稜帯は少しハードですが、眺望が開けているために楽しめると思います。
ただ、そこまでに3時間以上の急登をしていますので、身体は思っている以上に疲労していることを忘れないようにしましょう。

前常念岳から常念岳までは稜線歩きで、穂高連峰の絶景を眺めることができます。
このルートの醍醐味です。

常念岳山頂には前常念岳からの合流点である8合目からのアプローチとなります。最後の急登を越えると360度大パノラマが待っています。

しかし、常念岳山頂から宿泊先の常念小屋までの下りは想像を越える過酷さで身体が持たない危機感を感じました。おまけにこの日は小屋全体で450名ですし詰め状態。
蝶ケ岳縦走するには400mの急登がいきなり待っている…。

安全を考えて、2日目は一ノ沢ルートで下山することにしました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン