YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

いながわ里山猪道トレイルラン大会に出場

aozorakobeさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸在住のフリーのグラフィックデザイナーです。終日、デスクワークがほとんどなので、平日夕方はジムで筋トレ、休日はできるだけアウトドアしてます。一人で活動するときはトレラン(主に六甲山周辺)やランニング、月1回は山岳会OB仲間たち(朗人会)と静かな山域でハイキングをしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北摂里山トレイル(三田市エリア)

2015/11/02(月) 06:55

 更新

いながわ里山猪道トレイルラン大会に出場

公開

活動情報

活動時期

2015/11/01(日) 10:00

2015/11/01(日) 13:23

アクセス:300人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,173m / 累積標高下り 1,190m
活動時間3:23
活動距離18.26km
高低差568m

写真

動画

道具リスト

文章

最近、各地の町制で周年記念のマラソン大会が多くなってきた。9月の神河町の高原ハーフマラソン出場に引き続き、11月は猪名川町で町制施行60周年を記念して、トレイル大会が開催されるのを神戸新聞で知り、出場応募。
猪名川町にある大野山と周辺の里山を含めて、約20キロのコースで、出場者数は200名。他にファミリーの部もある。
当日、バイクで発ち、8時すぎに集合場所の大島小学校に到着する。天気は快晴で、今朝はかなり寒かった。
10時に小学校をスタート。前半は里山を迂回して、後半に大野山へ登ることになる。小学校脇のアスファルトの道をちょっと走ると荒れた山道に入る。登るにつれて、じょじょにスピードが落ち、急登では渋滞になる。
足元が悪い沢道で、ところどころ滑りやすい箇所もあり、快適に走れるような感じではない。
前半は高低差のある山道を越すと、集落のある舗装された道に出る。民家の前を通ると、道端で応援してくれる人たちがいる。高齢のおばあさんに「がんばって」と声をかけられて、少し元気が出る。集落を通り過ぎると、これからメインの大野山への登りだ。ここからはほぼ歩きの状態になる。普通の登山だと疲れることはないが、後ろからランナーがせまってくると、早足になり、さすがに息が荒くなる。
登り切ると、山上は高低差がなく、トレランとしては走りやすい雰囲気の山道になる。大野山山頂では眺望もよかったが、ゆっくりもできない。山頂からは、ゴールまでは一気に下りになるが、滑りやすい箇所がいくつかある。やはり疲れがきているので、転倒がないように確実に足元を見ながら走る。雨だとちょっとやばいかもしれない。
舗装道路まで降りると、まだ余力が残っていたので、一気にゴールまで走った。ゴールでは地元の人たちのあたたかい声援をいただき、気持ちの良いトレイルランだった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン