YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

「別府アルプス」 秋のフカフカ縦走

サブロウさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

由布岳・鶴見岳

2016/03/28(月) 16:18

 更新

「別府アルプス」 秋のフカフカ縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/11/03(火) 06:46

2015/11/03(火) 15:05

アクセス:372人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,936m / 累積標高下り 2,419m
活動時間8:19
活動距離16.04km
高低差1,300m
カロリー4621kcal

写真

動画

道具リスト

文章

以前から行ってみたかった鶴見岳から先のお山に行ってきました。
今回は、紅葉を見ることも目的のひとつですので、日の出とともにスタートしました。
由布岳は麓の方が紅葉していますので、紅葉の全体像を見たくて、ますは飯盛ヶ城へ。
風景もまだ眠たい感じでしたが、こんなもんでしょう。
それから由布岳頂上へ。
マタエから西峰に寄って東峰に登る予定でしたが、強烈な風のうえ、ガスでな~~んにも見えません((-_-;))
急に冷凍庫の中に入ったかのように寒かったので、西峰はパスして早々に東登山道から下山。
東登山道も中腹から下の方がほどよく紅葉してました。
一旦由布岳を下山して、いよいよ鶴見岳縦走のために再登頂開始。
鶴見岳の頂上は、多くの観光客で賑わってました。
当初の予定では、鶴見岳の紅葉の全体像を見るためにロープウェイを利用して一旦下山を考えていましたが、ロープウェイを利用して上って来た人に紅葉の状態を聞いてみると「う~ん。チョットだけ」とのことでしたので、今回はパスしました。
頂上で少し休憩してから、いよいよ縦走開始。
まずは、鞍ヶ戸(馬の背)へ。
ココから見る内山から扇山の南側斜面の紅葉は一面紅葉していて、とても綺麗です。
鞍ヶ戸から船底までは一気に下りますが、粘土質の急斜面なため、めっちゃ滑ります。2度ほど尻もちつきました。
船底からの紅葉も綺麗です。
そして今度は内山へ上りますが、船底から内山までは、藪漕ぎです。ルートも不明瞭です。途中で泣きそうになりました。
内山には、当初の計画より早めに着いたので、扇山コースで別府まで下りるか、それとも硫黄山経由で別府まで行くか。
悩んだ挙句、今回は当初の計画どおりに扇山コースで下山しました。

今回の縦走は好日山荘のこの方の記録を参考にしました。
http://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=4663
振り返って再度この方の記録を読み返しましたが、全くその通りでした(-_-;)

この縦走コース。距離はそれほどありませんが、登りごたえあります。
自称ドMな方にお勧めです。

【参考】
※この時期の由布登山口の無料駐車場は6時20分で満車になりました。
※「板の平向井病院前バス停」から「由布登山口バス停」までは料金520円です。
 【時刻表】http://www.beppuni.com/bus/time_k/012.pdf

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン