YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

天狗岳👺は岩登りの連続だ‼️💦

くすみんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:足腰強化のトレーニングを兼ねて、2015年春から登山を開始♪

    有名無名に関わらず、登ってみたいな‼️とピンと来た山に登ることにしています〜(^_^)

    無理せず、ゆっくり、マイペースで楽しんでいます☆☆
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

札幌岳・余市岳・砥石山

2016/06/06(月) 21:15

 更新

天狗岳👺は岩登りの連続だ‼️💦

公開

活動情報

活動時期

2015/11/03(火) 07:51

2015/11/03(火) 16:32

アクセス:1350人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 912m / 累積標高下り 919m
活動時間8:41
活動距離9.45km
高低差788m

写真

動画

道具リスト

文章

先日の小天狗岳に続き、親分の「👺天狗岳」にチャレンジして来ました‼️

駐車場の山小屋からスタート。本日の入山者は数名と、11月に入ってから登る人の少なさを実感。
右手にキレイな沢水の流れを感じながら林道を進むと30分〜40分ほどで登山口到着。

しばらくは林の中を抜け、沢を幾つも越えて歩いて行くと、突然、絶壁っぽい崖が登場し、足が止まった(笑)
ロープを使ってよじ登り、沢に平行に移動しながら横断して越えて行きます。
その後は急な岩沢登りが延々と続き、ピンクのリボンを見つけながらひたすら登って行きます。

岩が大きく落差があるため、かなり大股で越えて歩くと、右手前方に切り立った岩山が出てきます。

見えている山頂までは、北側(裏側)ルートから回り込んで山頂を目指すと下山途中のワカモノに教えられ、力を振り絞ってまた雪山をロープで越えて行く。

第一ピークに到着したら眺望が素晴らしく、止まりたい気持ちを抑え山頂を目指して最後の崖登り。
雪と土が崩れて足元は危険な状態。下山でもここを通るかと思ったらシュンとなった。

山頂からは先日登った小天狗岳はじめ鳥帽子岳、神居岳、札幌湖など一望出来、爽快です🎵✨
雪はあるものの風が無かったので、快適なランチタイム休憩が過ごせた。頂上は広くないので、5〜6人でもいっぱいの感じです〜❄️

登りよりも下山の崖ロープ場5箇所がやはり緊張感がありましたね。
脚力よりも握力の無さを実感。ロープで身体の体重を支えて腕に掛かる感じは初めての経験です。ずっしり‼️
今回は二の腕の筋肉痛が一番強かったです〜

こんな崖登りははじめの経験、渓流を20近く越えて行くため水に強い防水靴が必需品と感じた。
夏の暑い時期ならこの沢登りは最高なのでしょうね〜‼️(^_^)

登り 山小屋から4:30
下り 山小屋まで3:15
ランチ休憩 50分


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン